加藤浩次、「夏休みの宿題は不要」とバッサリ 近藤春菜のコメントに称賛相次ぐ

「夏休みの宿題」は必要ない? 加藤浩次の持論に賛否両論が巻き起こっている

 

■近藤春菜は「いる」と主張

「いらない」という意見が相次ぐ中、ハリセンボンの近藤春菜は「いる」と主張。その理由として、ある夏休みの課題についてのエピソードを明かした。

春菜は中学時代の夏休みに、「1冊のノートを何でもいいから埋めてきなさい」という課題が出され、この課題がとても楽しかったという。

春菜は、考えた末に「パラパラ漫画」に挑戦。思ったようにはいかなかったそうだが、その課題をきっかけに同級生たちが様々な個性を発揮し、大きな発見があったのだそう。

この経験から、「夏休みの時間を利用して、子供たちの何か発見に繋がるようなきっかけを作ってあげることは必要」と訴えた。


関連記事:浜崎あゆみの「半端ない」どアップ写真 「リハ前、リハ後」の顔写真が違いすぎ

 

■春菜のエピソードに反響

春菜のエピソードには、視聴者から多くの反響が寄せられている。

自分の個性や興味について知ることは、将来を考えることにも繋がってくる。夏休みの宿題の必要性に限らず、「こんな宿題ならやりたい!」といった声が目立つ。

夏休みの宿題をめぐる様々な問題。「子供の宿題を親が手伝う」という本末転倒な事態だけは回避したい。

・合わせて読みたい→『水曜日のダウンタウン』女性審査員が「かわいすぎる」と話題 美女の正体は…

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ


あなたにオススメ