上戸彩、セリフなしも圧巻の存在感 『絶対零度』新旧主人公の共演に感嘆

桜木泉(上戸彩)は生きていた!? クライマックスへ向けて加速する、胸熱な展開に反響

エンタメ

2018/09/04 13:00


 

■ミハンのチームプレーが命を救う

絶対零度 第9話
(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

石塚の犯行予定日当日、ミハンにマークされていることを知りながら、滝本委員長の殺害を実行すべく立ち回る石塚を井沢が尾行。

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

資料課にいる南彦太郎(柄本時生)が情報を収集し、犯人と森岡母娘の居場所特定を急ぎ、小田切唯(本田翼)と山内徹(横山裕)が2人の救出に奔走した。

人目につかぬよう駐車場に車を誘導したところで、石塚と井沢が対峙。「自分の犯行を止めるなら、あなたを殺す」と言っていた石塚は井沢に銃口を向けるも、引き金を引くことはできなかった。

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

間もなく小田切・山内から森岡母娘を保護したとの連絡が入り、一人の犠牲者も出すことなく、無事に任務が完了した。


関連記事:キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバすぎる 「病院に行ったほうがいい」の声も

 

■プロ vs プロのド迫力アクションに圧倒

インターネット上では、文武両道のエリートSP対、元公安刑事による迫力のアクションに、感嘆の声があがっている。

これまで、ほぼ素手で危険人物たちと戦ってきた井沢だったが、今回の相手はエリートSP。井沢のほうが窮地に追い込まれるようなシーンもあり、多くの視聴者が手に汗を握って見守っていたようだ。

また、石塚役・高橋のキレのあるアクションと、繊細な表情の演技にも、絶賛の声が上がっている。

次ページ
■ついに、桜木と井沢が対峙

この記事の画像(6枚)