台風21号、最大瞬間風速50m超の猛威 芸能人が遭遇した「衝撃の光景」に絶句

瀬戸大橋で大型トラックが横転。ムーディ勝山が捉えた光景に、衝撃が広がっている

台風21号が4日正午ごろに徳島県の南部に上陸。非常に強い勢力のまま台風が日本列島に上陸したのは、1993年に鹿児島県に上陸した、台風13号以来25年ぶりのことである。

そんな中、あるお笑いタレントが台風の影響による事故現場に遭遇。暴風の猛威を物語る衝撃的な光景に、ツイッター上が騒然となっている。


 

■ムーディ勝山、トラックの横転現場に遭遇

衝撃的な光景をツイッターに公開したのは、お笑いタレントのムーディ勝山。

勝山は4日午前、香川県坂出市の瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)にて、大型トラックが強風に煽られて横転した現場に遭遇したことを報告。

報道によると、トラックを運転していた男性(61)は自力で脱出し、ケガはなかったという。また、同日9時45分から岡山県倉敷市の児島IC-坂出IC間の上下線が通行止めになった。

勝山は…

「非常に強い台風。お気をつけ下さい」


と危険な台風に対する注意を呼びかけている。


 

■衝撃の光景に絶句

こちらのツイートには、衝撃的な光景に対する反響が相次いで寄せられている。

・ひっかかってよかった! 怖かったでしょう


・運転手さん怖かったろう…


・もの凄い風なんですね…


・すごいとこに遭遇しましたね!


・日本の企業戦士スゲー


・無事で良かったです


中には、勝山のネタで「嵐も右から左に受け流してほしい」といった粋なコメントを寄せるファンや、勝山を心配する声も。


■和歌山市で最大瞬間風速57.4mを観測

台風の暴風域に入った和歌山市では、4日午後1時19分に57.4m/sの最大瞬間風速を観測。これは、第二室戸台風の記録を塗り替え、和歌山市での観測史上最大の暴風を記録した。

報道によると、大阪でも1961年以降57年ぶりに45m/sを越える47.4m/sの最大瞬間風速を観測。各地で猛烈な風が吹き荒れている。

台風21号は速度を早めながら北上中。最新の気象情報や自治体が発表する避難準備情報などを確認し、猛烈な暴風雨に厳重に警戒してほしい。

・合わせて読みたい→NHKの台風中継が話題 「安全な屋内からお伝えしています」に称賛集まる

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ