性犯罪で4件起訴の男が新たにわいせつ行為 「男性機能を永久喪失すべき」と怒号も

「極めて悪質」と怒りの声が相次いでいる。

社会

2018/09/06 19:00

女性
(RyanKing999/ iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

少女に乱暴したなどとして4件の事件で起訴されている男が、別の少女にわいせつな行為をした疑いで再逮捕された。インターネット上では、性犯罪を繰り返す男に対し、「男性機能を永久喪失すべき」など怒りの声があがっている


 

■容疑者の男は犯行について黙秘

報道によると、再逮捕されたのは名古屋市西区の作業員の男(33)。2014年9月に愛知県岩倉市内の路上で、自転車で帰宅途中の当時16歳の少女を転倒させ、近くの空き地に連れ込んでわいせつな行為をした疑いだ。

警察の調べに対し、黙秘を続けているという容疑者の男。合わせて4件の性犯罪事件ですでに起訴されており、警察は余罪などを調べている。


関連記事:新潟県選出議員が法務大臣に提案 性犯罪者のGPS監視はありなのか

 

■逮捕された男に怒りの声相次ぐ

今回の報道を受け、『Yahoo! ニュース』では怒りの声が続出。「男性機能を永久喪失すべき」「人間ではない」といったコメントが寄せられている。

「4件プラス余罪の可能性ってもう弁護する価値もないでしょう。一番軽い刑で、薬による男性機能の喪失。許されるのなら、竿も袋も取ってしまえばいいと思う。同じ罪を犯す加害者の人権などより、被害者とその家族のことを考える法律にしてほしいと思う」


「もう我慢の限界です。早く厳罰化してください。女性や子供たちが犠牲になるのを黙って見ているのですか。表に出ていない、解決していない同じような犯罪がまだまだたくさんあります」


「性嗜好は絶対に矯正できない。今後も同じような事件を繰り返す可能性が非常に高いので、終身刑にするか去勢するしかない」


「いつも思う。こんなことばかりやってるやつがなぜ普通に生きていられるんだろう。事故なり病気なんかで苦しい思いをすればいいのに。でも、こういう輩がいなくなることはないんだよね。悲しいなあ」

次ページ
■性犯罪の「法改正」を望む声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ