吉澤ひとみ容疑者「事故の時系列がヤバい」と騒然 「何もかも終わってる…」

酒気帯び運転でひき逃げしたとして逮捕された、吉澤ひとみ容疑者。事件の全容に、再び衝撃が走っている

飲酒
(AH86/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

しらべぇでも既報のとおり、元モーニング娘。のメンバーでタレントの吉澤ひとみ容疑者(33)が6日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)、道路法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)などの容疑で逮捕された。

元国民的アイドルの逮捕に衝撃が走る中、報じられている「事故の時系列」に疑問や批判の声が相次ぐ事態となっている。


 

■事故が起こったのは朝7時

報道によると、事故が発生したのは6日の午前7時頃。吉澤容疑者は乗用車を酒気帯び状態で運転しており、中野区の交差点で赤信号を無視し、自転車に乗っていた20代女性をはねた。

女性が乗っていた自転車が倒れたことで、近くを歩いていた40代男性にもけがを負わせたが、吉澤容疑者はそのまま現場を離れた疑いが持たれている。

それからおよそ15分後、吉澤容疑者は「自転車をひいた」と自ら110番し、現場に戻った。警察による呼気検査で基準値を上回るアルコールが検出され、吉澤容疑者は「周囲に車が多く、停止できなかった」と説明しているという。


 

■仕事の入り時間も7時、9時半からイベント登壇予定

また、吉澤は同日、同じくモーニング娘。OGの保田圭とともに、午前9時半から行われるイベントに登壇する予定だったたが、急遽欠席。

報道によれば、このイベントのタレントの現場入り時間は午前7時だったことも報じられており、事故が発生した時点で、入り時間にすでに遅刻していた可能性も浮かび上がった。


■「朝7時に酒気帯び状態」に騒然

衝撃の逮捕報道から一夜、事故の全容が報じられていく中で、1児の母でもある吉澤容疑者が「朝の7時に酒気帯び状態だった」ことに、注目が集まった。

「そもそも朝7時に酒気帯び状態だったことに闇を感じる」といった声が相次ぐ。


■「酒気帯び状態で仕事に行くつもりだったの?」

一方で、朝7時にアルコールが検出されたからといって、「必ずしも朝まで飲んでいたわけではないのでは?」といった声も。

「事故を起こしていなかったとしても、酒気帯び状態で仕事をするつもりだった」ことに、怒りの声も。

また、「朝まで飲んでいたのでは?」という声もあるが、「深酒して朝まで酒が抜けなかった可能性もある」など、吉澤の飲酒習慣をめぐって様々な憶測も飛び交う事態に。

あってはならない、酒気帯び運転による事故。今後の吉澤の処分が注目される。

・合わせて読みたい→坂上忍、吉澤ひとみ容疑者に気遣い 歯切れ悪い司会ぶりに「公開処刑」と非難も

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ