DAIGO、深夜に帰宅する妻・北川景子を見て… その後の行動に称賛相次ぐ

「家事をしてこなかった」と赤裸々に明かしたDAIGO。結婚生活で起こった変化に、称賛の声が相次ぐ

DAIGO

2016年に女優の北川景子と結婚した、ミュージシャンのDAIGOが、7日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。

北川との結婚生活の中で起こった、自分自身の「ある変化」について明かし、視聴者から多くの反響が寄せられている。

 

■「家事をやってこなかった人生」

DAIGOは、黒柳徹子から「結婚後の変化」について聞かれると、30代半ばまで実家暮らしだったこともあり、「掃除とか洗濯とか基本的にやってこなかった人生だった」と正直に明かした。

しかし、結婚後は北川のほうが映画やドラマの撮影で帰りが遅くなることも多く…

「基本的に、家事全般やってくれるんですけど…なんか、こう何もしないで待っている俺ってどうなの? って思ったんですよ。

 

だったら、待っている間に掃除機挑戦してみようかなって思って。全くやってこなかったんですけど、やってみたら『意外と俺、掃除機いけるじゃん!』って」

 

と、まず掃除機がけをするところから、家事に挑戦していったという。この流れで、「難しそう」と思っていた洗濯にも挑戦し、「今どきの洗濯機って便利なんですよ!」と、自宅の洗濯機の性能について説明していた。

 

■ご飯はちょっとまだ…

黒柳から「ご飯は作れないの?」と聞かれると、「ご飯はちょっとまだ…」と、炊事にはまだ挑戦していないことを告白。

「ご飯もやれるようになったほうがいいですかね?」と尋ねると、黒柳は「それは絶対やったほうがいいと思います、簡単なものでも」と、進言した。

続けて「誰でもが美味しいって言うカレー(のレシピ)を知っているから、教えてあげるわよ」と、簡単にできる美味しいカレーの作り方を伝授することを約束。DAIGOは「本当ですか、徹子さん直伝のカレー!」と目を輝かせていた。

次ページ
■夫婦として支え合う様子に称賛の声

あなたにオススメ