吉澤ひとみ容疑者の前に集まった野次馬 まさかの行動に「怖すぎる」の声

吉澤ひとみ容疑者が中野署前にあらわれ、約30人の報道陣も。野次馬の行動に戦慄の声。

報道陣
(suriya silsaksom/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

しらべぇ既報のとおり、飲酒ひき逃げなどで逮捕された吉澤ひとみ容疑者。報道によれば基準値の4倍近いアルコールも検出されており、非難の声は強まるばかり。

6日夜には、絶望したような表情で警察車両に乗り込む姿が報じられた吉澤容疑者だが、そのときの野次馬の行動が話題になっている。

 

■『LOVEマシーン』を拡声器で…

『東スポweb』によれば、6日夜の中野署前には数十人の報道陣がおり、吉澤容疑者の様子をとらえていた。

その中には野次馬がおり、かつて吉澤が活躍していた「モーニング娘。」の大ヒット曲である『LOVEマシーン』を持っていた拡声器を通じて流している者もいたという。

同曲はグループを代表する曲だが、リリースされた当時に吉澤容疑者はメンバーとして加入していない。おそらく、今回の報道に怒っているファンによる行動ではないだろう。

 

■「何がしたいの?」「怖すぎる」

吉澤容疑者が行ったことは紛れもなく悪質であり、許されるものではない。しかし、騒ぎを楽しむかのような野次馬の行動もまた疑問だ。

報道を受け、『Yahoo!ニュース』やツイッターでは、野次馬に対する批判の声があがっている。

「送検されるときLOVEマシーンを流してるやついたけど、アホでしょ? そんな暇いるならボランティアでも行けよ」

 

「吉澤さんのした事は許されることではない。たまたま被害者の方が軽傷だったから良かっただけなの話しで。しかし野次馬の行動が怖過ぎる。拡声器でLOVEマシーンとか何がしたいの?」

 

「ラブマシーン流したんはファンと違うよね? 本当のファンはここまでしないと思うけど」

 

「LOVEマシーンがヒットしたのは吉澤の加入前なんだが」

 

■他人の不幸は嬉しい?

多くの人が吉澤容疑者に怒りや悲しみの声をあげている一方で、タレント復帰として絶望的なスキャンダルに喜んでいる人もいるだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,362名に「他人の不幸」について調査したところ、16.2%が「嬉しくなる」と回答した。

吉澤容疑者は仕事に子育てに順調で、まるで絵に描いたような幸せな様子だっただけに、急転直下のスキャンダルに喜んでしまった人もいるのだろうか。

 

また、6日にはタレントのJOYが同曲の替え歌で吉澤容疑者について触れているが、とくにファンでもない人にとってはやはり「LOVEマシーン=モーニング娘。」という印象なのだろうか。

・合わせて読みたい→吉澤ひとみ容疑者逮捕 保田圭に寄せられた「ファンからのお願い」に胸が痛む

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20代~60代の男女1362名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ