挑戦しておけば…! 人生で「やらなくて後悔したこと」3選

何事も挑戦したほうが悔いは残らないのかも…

(liza5450/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

「やって後悔するよりも、やらなかったことで後悔するのが一番つらい」と言われるように、挑戦しないとより悔いが残るケースもある。

しらべぇ取材班は、人々に「やっておけばよかったと後悔していること」と調査してみた。

 

①出産

「20代の頃、結婚しようとしたときに親から『まだ早い』と猛反対されて結果的に破局しました。その後何人かと交際しましたが、結婚まではいかずに、もういい年になります。

 

今から男性を探して、交際して結婚となっても、年齢的に出産は難しいと思っている。子供を産んで育てるってどんな感覚なんだろう、チャレンジしたかったな…と考えますね。

 

もう成人していたし、あのときに親の反対を押し切って、たとえ失敗しても結婚して家庭を持っておけばよかった…と年を追うごとに後悔している」(30代・女性)

 

②好きな人への告白

「職場に両思いっぽい男性がいて、ほとんど言葉を交わしたことはなかったけど、よく目があって微笑みあっていました。

 

でも私は奥手だし、彼は社長の甥っ子だったので社員に手を出すことはできない立場。見つめ合うだけのまま数年が経ち、彼は違う支部に転勤し、その半年後に私も退職。結局連絡先も知らないまま離れ離れに。

 

現在、私は違う男性と結婚しましたが、彼を忘れられない部分がある。思い出を美化していて、あのとき告白していたら…なんて思ってしまう」(30代・女性)

次ページ
③大きなチャンスから逃げる

あなたにオススメ