阪神電車の座席に薬品? 「尻に重度の火傷」に「怖すぎる」の声相次ぐ

濡れた座席に座った男性がお尻に大やけど。

社会

2018/09/10 19:00

電車
(joel-t/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

3日、阪神電鉄本線の電車内で、座席に座った50代男性が尻に重度の火傷を負っていたことが判明。

何者かが薬品を撒いた可能性もあり、ネット上でも注目を集めている。


 

■何者かが電車座席に薬品を?

報道によると、男性がその座席に座ったのは3日午前11時頃のこと。

「通勤のため、西宮発梅田行きの急行電車に甲子園駅から乗車した。いったん席に座ったが、クッション部分がぬれていることに気付き、席を移った。直後から尻にピリピリとした痛みがあり、座席の足元にはラベルのないペットボトルがあった。


男性は梅田駅で降りた後、大阪府警曽根崎署に相談。受診した病院で「化学熱傷」と診断され、この日から入院した。クッションに触れた部分がただれており、現在も入院している」(朝日新聞」より引用


なおこの件について、何者かが薬品を撒いた可能性もあるとして、県警では捜査を進めているという。


 

■「怖すぎる」の声相次ぐ

この報道に対し、ネット上では「怖すぎる」という声が相次ぐことに。

・通勤や大阪に行く時に阪神電車を利用するので、このニュースは怖いな…気を付けよう…


・阪神電車乗ることあるから怖すぎる…。


・いっときも油断できない

次ページ
■防犯カメラ設置を求める声も

あなたにオススメ