『ケンカツ』井浦新、ケースワーカーの仕事は「本当に大変」と痛感

『健康で文化的な最低限度の生活』に出演中の井浦新が、ケースワーカーの大変さについて語る。

エンタメ

2018/09/11 07:00

(©関西テレビ)

吉岡里帆主演で放送中のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系)の第9話が、今夜21時から放送される。


 

■『ケンカツ』とは?

(©関西テレビ)

本作は吉岡里帆演じる新人ケースワーカー・義経えみるの成長を描いたヒューマンお仕事ドラマ。

安定を求めて公務員になったえみるが、生活保護受給者を支援する「生活課」に配属されたことで、ケースワーカーとして様々な人生の困難に直面。自立への手助けをしていくストーリーだ。


関連記事:坂上忍、吉澤ひとみ容疑者に気遣い 歯切れ悪い司会ぶりに「公開処刑」と非難も

 

■ネグレクト母が突然の帰還

ケンカツ
(©関西テレビ)

今夜放送の第9話では、えみるがずっと気にかけてきた高齢受給者の丸山幸子(小野和子)と孫のハルカ(永岡心花)のもとに、娘を残して4年間も男と姿を消していたハルカの母・梓(松本まりか)が突如帰ってくるというエピソードが描かれる。

梓は生活保護を受けたいと申し出るが、えみるが失踪した理由を尋ねると梓の態度が一変、攻撃的な一面を見せ始める…。驚愕するえみるや半田(井浦新)は、どう立ち向かうのか?

次ページ
■井浦新、ケースワーカーは「本当に大変」

この記事の画像(2枚)