『月曜から夜ふかし』で不審者の多い駅ランキング発表 衝撃の不審行為「狙撃」とは

『月曜から夜ふかし』にて、「不審者の多かった駅ランキングが発表された件」と題するVTRがオンエアされた。

銃
(soda1526/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

10日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にて、「不審者の多かった駅ランキングが発表された件」と題するVTRがオンエアされた。

全国の警察や自治体が公表する不審者情報をデータベース化している「日本不審者情報センター」なる謎の組織が発表したデータについて、MCのマツコ・デラックスと村上信五(関ジャニ∞)が面白半分に突っ込んでいく。



 

■駅周辺での不審行為は少数派

2017年7月から今年6月までの1年間に全国で発生した不審者事案のうち、出没エリアの近隣に鉄道の駅があったケースは全体の約4割なのだという。つまり、過半数は駅から離れた場所で起こっているということだ。

これを聞いたマツコは、「つまり、駅の近辺で堂々と不審な行為をしているやつが多いところはどこか、っていうことね」とざっくりまとめた。

フリップに起こされた表によると、1位は兵庫・神戸三宮駅(阪急電鉄)。2位には神奈川・登戸駅(JR)が輝き、3位は静岡・下土狩駅(JR)。以下、同率18位までの計20駅がズラリと並ぶ。

表には「内訳」の項目も設けられ、どういった不審者事案が報告されているのかも具体的に記された。最も目立ったのは「下半身露出」で、次いで「痴漢」や「盗撮」などが続く。


関連記事:100人以上盗撮のわいせつ整体師 「下半身の撮影」可能にする手法に驚愕

 

■一風変わった「不審行為」も

中でもマツコが「すごいのあるわよ!」と着目したのは「狙撃」。前述の神戸三宮駅で1件、さらにJR三ノ宮駅でも1件が確認されている。「これ、もう不審者じゃないだろ!」とはマツコの弁だ。

なお、番組テロップによれば「この場合の『狙撃』はエアガンなどのおもちゃによるもの」とのこと。

言うまでもなく、ゴルゴ13さながらに実弾ライフルでの狙撃が行われたのだとすれば、それは立派な銃刀法違反の絡む「事件」であり、不審者事案の範疇をはるかに超越してしまう。

そして村上が注目したのは、同率8位にランクインした静岡・浜松駅(JR)。「盗撮」「痴漢」など「普通の」不審者が居並ぶ中、それらに続く「放尿」の2文字は明らかに異彩を放っていた。

村上が指し示すフリップを確認したマツコは、さらに「放尿」の横に「金銭授与」なる文字列が躍っていることにも気づいてしまう。「一体何をしてるんだ、浜松は」と一笑に付した。

次ページ
■なぜか喜ぶ浜松市民たち

この記事の画像(1枚)