同僚、妻子惨殺の真相が胸糞すぎ 『絶対零度』沢村一樹の「殺気」に絶賛の嵐

桜木泉(上戸彩)失踪の謎、井沢範人(沢村一樹)の家族が殺害された「現ミハンチーム発足前のストーリー」が明らかに…

エンタメ

2018/09/11 13:00

絶対零度 最終回
(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

大切な人を殺した人間を目の前にしたら、自分はどうなってしまうだろう…。

AIシステム「ミハン」を駆使して、凶悪犯罪を未然に防ごうと捜査員たちが暗躍する様子を描く、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)。

10日放送の最終回では、桜木泉(上戸彩)失踪の謎や、井沢範人(沢村一樹)の家族が惨殺された事件とが結びつき、沢村の鬼気迫る演技に絶賛の声が上がっている。

 

■桜木泉が危険人物?

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

誘拐ビジネスを行なうグループに拉致された元バディの山内徹(横山裕)を助けるべく、颯爽と現れた桜木。しかし、一足遅れて到着した井沢たちが声を掛けると、桜木は井沢に銃口を向け、去っていった。

絶対零度 最終回
(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

その後、ミハンの責任者・東堂定春(伊藤淳史)から、危険人物として桜木を捜査するよう指示が下る。井沢たちはベトナムに向かい、元刑事・グエン(フォンチー)から桜木が証券会社に務めていた谷口正博(斉藤佑介)を追っていたことを聞き出す。

谷口は日本からベトナムに赴任した支店長とその娘・由紀子(桜井ユキ)を爆発物を使って殺そうとしていると、当時の桜木とそのバディ・赤川武志(須田邦裕)は判断し、犯行直前に赤川が谷口を射殺。

しかしその後、赤川はホテルの屋上から転落し死亡。桜木は直後に失踪した。赤川は井沢の妻の元同僚だっただけでなく、井沢の妻と娘が惨殺されたのは赤川の死の翌日のことだった。

 

■ミハン「テストケース0号」の存在

絶対零度 最終回
(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

その後捜査を進めていく中で、井沢をリーダーとした現ミハンチームが発足する以前に、「テストケース0号」が捜査され、その事実が抹消されていたことがわかる。

最初のミハン捜査員に起用されていたのが桜木と赤川であり、そのテストケース0号というのが、ベトナムでの谷口の事件。抹消された理由は、谷口の犯行は別の犯罪組織が谷口に罪をかぶせたもので、まったくの冤罪だったことが発覚したためだった。

しかし、ミハンの実現を急ぐ東堂はその事実を隠蔽。「テスト段階のAIシステムを使って警察が冤罪事件を起こした」と公けになることを恐れた警視庁の上層部は、真実を知った井沢だけでなく、事件について知る井沢の妻と娘など、口封じのために「殺し屋」を雇い、何人もの人間を殺害していたことを井沢は桜木の口から聞くことになる…。

次ページ
■保身のために犠牲を厭わない、権力者の闇

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ