渋谷すばるは退所、タッキーが引退 「ドラマチックなふたり」にファンは拍手喝采

ジャニーズJrの黄金期を担ったふたりがそれぞれの道を歩む。

渋谷すばる

しらべぇ既報のとおり、ジャニーズの人気デュオ「タッキー&翼」が解散。滝沢秀明(36)は芸能界を引退しプロデューサーの道へ進み、今井翼(36)は事務所を退所することが発表された。

インターネット上では、年内で同事務所を退所する元関ジャニ∞の渋谷すばる(36)と滝沢が支えた「ジャニーズJr黄金期」を懐かしむ声が相次いでいる。


 

■タッキー&翼として活動

タッキー&翼は2002年にアルバム『Hatachi』でデビュー。当時すでに、滝沢、今井ともにソロとしても高い人気を博しており、ふたりがユニットとして活動することは大きな注目を集めた。

デビューのあとも、ロングヒットした『夢物語』、キャッチ―な振り付けが話題となった『Venus』など多くの作品をリリース。ジャニーズの中心的存在として、平成の音楽史を彩ったといえるだろう。


 

■「東のタッキー、西のすばる」の黄金期

ジャニーズでは、グループやソロでデビューする前の時期に、「ジャニーズJr」として活動することが有名だ。先にデビューを果たした先輩がコンサートや音楽番組に出演する際、バックダンサーを務めるなどする。

そうしたジャニーズJrには黄金期と呼ばれる時代があり、その中でもとくに高い人気だったのが滝沢と渋谷だ。東京ジャニーズと関西ジャニーズの顔という意味で、「東のタッキー、西のすばる」と呼ばれていたほどである。

次ページ
■ドラマチックなふたりに拍手喝采

あなたにオススメ