しらべぇ

全米OP優勝の大坂なおみ選手が会見 酷すぎる質問が司会者の「一言」でスカッと展開に

日本人で初めてグランドスラムを制した大坂なおみ選手が帰国し、記者会見を行なったのだが…

スポーツ

記者会見

(batuhan toker/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

13日、日本人で初めてグランドスラムを制覇した、女子テニスの大坂なおみ選手が帰国。横浜市内で凱旋記者会見を行なった。その中で、記者からの質問に大坂選手が困惑してしまう一幕があり、そこでの司会者の対応が注目を集めている。

 

■テニスとは関係ない質問が続々

会見では、質疑応答の時間が多く設けられ、中にはテニスとはあまり関係のない質問もチラホラ。

――もし時間があるとしたら、日本で行ってみたい場所はありますか?

大坂選手:原宿に行ってみたい。あと、東京ドームの隣りにあるジェットコースターにも乗ってみたいです

 

――日本ではどんな写真をインスタグラムに掲載したいですか?

大坂選手:多分コンビニに行ったときの写真になると思います

 

――帰国して、好物の抹茶アイスは食べましたか?

大坂選手:食べなかった~(苦笑)

 

テニスとは一切関係のない質問だが、大坂選手が時折クスッと笑ってしまうような場面もみられ、会見は和やかな雰囲気に。

 

■抽象的な質問に大坂選手が困惑

質疑応答の終盤、司会者から「じゃあ、あと2問」とのアナウンスがあり、ある記者から…

「海外で、大坂さんの活躍や存在というのが、古い日本人像を見直したり、考え直すきっかけになっているという報道があります。ご自身のアイデンティティというのをどのように受け止めていらっしゃるか、お考えを聞かせてください」

 

との質問が。この抽象的な表現を用いた質問に大坂選手が困惑。通訳からの説明を受け、大坂選手は…

「私は自分のアイデンティティに関してとくに深く考えることはなく、私は私である、という風にしか思っていない。自分のテニスに関しては、日本のスタイルらしくないと思っています」

 

と回答。大坂選手が困惑してしまう事態に、会場も騒然。同じ記者が「あと1問」と次の質問をしようとすると、司会者から「いや、結構です」とあしらわれていた。

 

■司会者の対応に「気持ちよかった」

インターネット上では、男性記者からの質問をバッサリ切った司会者の対応に、多くの反響が寄せられている。

記者が言わんとすることに「そんなこと聞く必要ある?」といった疑問の声も。

 

■大坂選手の回答にも称賛の声

また、自身のアイデンティティについて「私は私」と答えた大坂選手の対応にも多くの反響が。

「私は私」と堂々と発する姿に、何かグッとくるものを感じたようだ。日本中に感動を届けてくれた大坂選手。今後のさらなる活躍に期待がかかる。

・合わせて読みたい→日大アメフト部記会見で「横柄な司会者」に批判殺到 「何様?」「酷すぎる」

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu