しらべぇ

欅坂46・菅井友香がデビュー当時を振り返る 『サイレントマジョリティー』撮影秘話も

欅坂46のキャプテン・菅井友香が『サイレントマジョリティー』撮影当時の思い出を語った!

エンタメ

菅井友香

13日、渋谷の大規模複合施設「渋谷ストリーム」の開業、及び「渋谷川沿い遊歩道」の落成を記念したオープニングセレモリーが開かれ、ゲストとして欅坂46のキャプテン・菅井友香(22)が登場した。

 

■デビュー当初を振り返る

欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』は、建設中の「渋谷ストリーム」で撮影が行われたものであり、ある意味彼女にとっても思い出深い場所というわけだ。

菅井友香

当時を振り返りつつ彼女は「2年半前にMVを撮らせていただいて、その時とは全然生まれ変わっていて…素直に衝撃を受けています」と感想を明かす。

デビューしたてということも、あり右も左もわからなかったとし「こうしてまたここに立たせていただけて、とっても感慨深いですね」と噛みしめるように話した。

 

■「初心に帰れる」としみじみ

多くのメディアが取り上げ、グループの人気やブームのきっかけとなった『サイレントマジョリティー』。

菅井友香

それが生まれたこの場所に対し、「まさに渋谷のこの場所が私達の原点、すべてが始まった場所なので…」とノスタルジックに語りながら、「この施設に来ると初心に帰れる気がしている」と思いを吐露。

また取材陣から、メンバーと買い物とかはどう? と質問が飛ぶと「ぜひ行きたいですー! おいしそうな今ドキのお店とかもたくさんあったので」と目を輝かせるシーンも。

 

■意外な撮影秘話も

撮影から2年半の時を経て、グループないしメンバーのそれぞれが成長してきた。今だからこそ言える、当時の撮影秘話を聞いてみた。

「クールで大人っぽい」と話題となったCDのジャケットは、「渋谷川のジャケット写真を取らせていただいたときに、長靴とかを履いてきゃーって言いながら撮影させていただいたんです」と、意外にも和気あいあいと撮影されていたのだとか。

続けて「今は全然変わっているので、また全員で同じ場所で撮影させていただけたら嬉しいなと」思いを語る。

 

欅坂46の故郷はここ

欅坂46にとって故郷とも言える渋谷。しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,400名を対象に「故郷」について調査したところ、男性52.6%、女性63.9%と「生まれ育った故郷が好き」と回答した。

今回は彼女ひとりであったが、ほかのメンバーと一緒に訪れたらまた違った感慨にふけることができるだろう。

・合わせて読みたい→欅坂46キャプテン・菅井友香 パリでの写真集撮影はハプニングの連続

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/KEN)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日〜2017年1月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,400名(有効回答数)

この記事の画像(5枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu