欅坂46・菅井友香がデビュー当時を振り返る 『サイレントマジョリティー』撮影秘話も

欅坂46のキャプテン・菅井友香が『サイレントマジョリティー』撮影当時の思い出を語った!

エンタメ

2018/09/14 20:30

菅井友香

13日、渋谷の大規模複合施設「渋谷ストリーム」の開業、及び「渋谷川沿い遊歩道」の落成を記念したオープニングセレモリーが開かれ、ゲストとして欅坂46のキャプテン・菅井友香(22)が登場した。

 

■デビュー当初を振り返る

欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』は、建設中の「渋谷ストリーム」で撮影が行われたものであり、ある意味彼女にとっても思い出深い場所というわけだ。

菅井友香

当時を振り返りつつ彼女は「2年半前にMVを撮らせていただいて、その時とは全然生まれ変わっていて…素直に衝撃を受けています」と感想を明かす。

デビューしたてということも、あり右も左もわからなかったとし「こうしてまたここに立たせていただけて、とっても感慨深いですね」と噛みしめるように話した。

 

■「初心に帰れる」としみじみ

多くのメディアが取り上げ、グループの人気やブームのきっかけとなった『サイレントマジョリティー』。

菅井友香

それが生まれたこの場所に対し、「まさに渋谷のこの場所が私達の原点、すべてが始まった場所なので…」とノスタルジックに語りながら、「この施設に来ると初心に帰れる気がしている」と思いを吐露。

また取材陣から、メンバーと買い物とかはどう? と質問が飛ぶと「ぜひ行きたいですー! おいしそうな今ドキのお店とかもたくさんあったので」と目を輝かせるシーンも。

次ページ
■意外な撮影秘話も

この記事の画像(5枚)

あなたにオススメ