奥歯抜け肋骨にひび…組体操の授業で教師が殴る蹴る 非難殺到も「怒る理由わかる」の声も

沖縄県内の中学校で教師が生徒に殴る蹴るの暴行。ネットには非難の声相次ぐも、怒る理由の正当性は認めている。

地域

2018/09/14 19:30

体操着
(DAJ)

体育の授業中、男子生徒を蹴って肋骨にひびが入るなどのけがをさせたとして、宮古島市内の中学校の男性教諭(48)が減給10分の1(2カ月)の懲戒処分となった。

 

■ピラミッド下段にいた男子に…

事件は、6月に運動場で組み体操の練習中に起こった。ピラミッド下段にいた1年生の男子生徒がふざけていたのを見て、教諭は生徒の顔を平手打ち。さらに、生徒があおむけになったところわき腹を蹴り、髪の毛をつかみ2度顔を殴ったという。

結果、男子生徒は右肋骨にひびが入り、奥歯が1本抜けるなど3週間の治療を必要とする怪我となった。教諭は被害生徒に何度か注意したがやめなかったため「かっとなってしまった」と話しているという。

校長は「法令順守を言い聞かせてきたが届いておらず、深く反省している」と述べ、学校側は当日中に生徒と保護者に謝罪したとのこと

 

■「やりすぎ」「頭おかしい」と非難殺到

3週間の治療を要する大怪我をさせるほどの、行き過ぎた「指導」。この残忍な行為に、ネットには「やりすぎ」「これは傷害事件」などと非難が殺到している。

・奥歯抜けるってどんな勢いで殴ったの。明らかにやり過ぎでしょ

 

・これは体罰ではなく、明らかに障害事件。追い打ちをかけるように何発も殴るとか頭おかしい

 

・指導ではなく、暴力を振るいたくて仕方がなかったようにしか見えない

次ページ
■「怒る理由はわかる」の声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ