職場で「朝の挨拶をしたとき」に上司や先輩にされた不快行動3選

きちんとあいさつを返さない人も。

あいさつ無視
(©ぱくたそ)

あいさつは人としての礼儀である。気持ちのいいあいさつはお互いの気分を上げるものだが、中には、相手の立場が下の場合きちんとあいさつをしない人もいるようだ。

しらべぇ編集部が、働いている人に「職場でイラっとした上司や先輩の朝のあいさつ」を調査してみた。


 

①「はい」とだけ言われる

「入社が3ヶ月しか違わない女性の先輩なんですが、『おはようございます』とあいさつをしても、上から目線で『はい』とうなずくだけなんです。


普通はあいさつされたら、『おはようございます』と返すのが礼儀なんじゃないかな。なんでそう立場も違わないのに偉そうにうなずくだけなんだよ…とイラッとする」(20代・女性)


関連記事:和田アキ子が番組で被災地へお見舞いコメント その内容に「最低」「なめんな」と批判殺到

 

②返事もなく用事を頼まれる

「出勤して上司にあいさつすると、返事はなく『◯◯やっておいて』と命令されるんですが、正直気分悪いですよね…。


ひとことくらいあいさつしたって3秒もかからでしょ…頭の中には部下をコキ使うことしか考えてないんだなと思ってしまう」(20代・男性)

次ページ
③あいさつをしても無視する

この記事の画像(1枚)