おばたのお兄さんが『ケンカツ』にゲスト出演! 緊張しすぎて吉岡里帆と役名がごっちゃに?

セリフ、役名がある役は初めてとのこと。

エンタメ

2018/09/17 07:00

ケンカツ
(©関西テレビ)

吉岡里帆主演で放送中のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系)の最終話が、18日(火)21時から放送。

ゲストとして、芸人のおばたのお兄さんが登場する。


 

■『ケンカツ』とは?

(©関西テレビ)

本作は吉岡里帆演じる新人ケースワーカー・義経えみるの成長を描いたヒューマンお仕事ドラマ。

安定を求めて公務員になったえみるが、生活保護受給者を支援する「生活課」に配属されたことで、ケースワーカーとして様々な人生の困難に直面。自立への手助けをしていくストーリーだ。


関連記事:キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバすぎる 「病院に行ったほうがいい」の声も

 

■最終話はふたつの母娘の結末が

ケンカツ
(©関西テレビ)

最終回では、生活保護費の受給を求めて役所に乗り込んできた育児放棄の母・梓(松本まりか)と、えみるが全面対決。その一方で、いまだ子どもを産むかどうか迷っていた、元受給者の阿久沢(遠藤憲一)の娘・麻里(阿部純子)が、ついにある決意を固める。

次ページ
■おばたのお兄さん出演!

この記事の画像(3枚)