LINEが来ないのはぼっちだけじゃない! 若い世代はインスタで連絡も

今日もスパムだけ…

人間関係

2018/09/18 08:00

(ken226/iStock/Getty Images Plus)

インターネットを用いた連絡手段として、メールに取って代わり普及したLINE。リア充な人ならしばらく放置しただけで、未読がいっぱいになるだろう。一方で、友達が少ない人は…。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のLINEを利用している男女776名に「LINEの利用頻度について」の調査を実施。

「誰からもLINEが来ない日がある」と答えた人は、全体で64.9%と半数を超える割合に。誰からもメッセージが来ないからといって、寂しく思う必要はないのだ。


 

■要件があるときしか連絡が来ない

性年代別で見ても、年代や性別で規則的な変化は見られない。

誰からもLINEが来ない日がある性年代別グラフ

ただ若い頃と比べて、相手にメッセージを送ることが少なくなったという人も多い。

「若い頃なら、意味のないやり取りでダラダラと時間を費やすこともあったかもしれないけど、さすがに今は要件があるときくらいしか連絡しない。


友達も結婚して子供がいることが多いからなかなか会う機会もないし、連絡することがなくなるのも仕方がないかな…」(30代・女性)


 

■リアルな友達からは来ないけど…

LINEには「@LINE」というサービスがあり、多くの企業や芸能人が利用している。

「毎日、企業や芸能人などのアカウントから、なにかしらのメッセージが来る。基本的には興味のないことばかりなので、ちゃんと読んでないけど…。


ブロックしてもいいんだけど、『大切な発表があるかも』と思ってそのままにしている。LINEはそんなのしか来ないから、しばらく読まずに放置することも多い。そしたらたまに友達からのメッセージが来ているときがあるので、慌ててしまうことも…」(30代・男性)


またLINEを利用したスパム行為は、大きな問題である。

「出会い系サイトへの誘導や商品セールスなど、スパム行為がとにかく多い。来るたびに通報はしているけど、あんなアカウントは使い捨てだろうし…」(40代・男性)


■LINEがなくても連絡がつく

LINEを利用しなくても、相手と連絡する手段はいくつもある時代だ。

「インスタのメッセージやTwitterのDMがあるから、その人がメインに使っているSNSに連絡するのが一番早く見てくれる方法だと思う。


最近、仲良くなった子とかは、インスタのアカウントは知っていてもLINEは友だちになっていないってパターンも多い。それでも会う約束とかできてるから、あまり問題ない感じ」(20代・女性)


一つのサービスに依存せず、状況に応じて使い分けるのが主流になりつつあるようだ。

・合わせて読みたい→仕事の休みをメールやLINEで連絡 「おかしい」と感じる割合は…

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ