しらべぇ

老人ホームで無資格の職員が医療行為 責任者の逮捕に「見せしめ」と複雑な声

「根本的な問題に目を向けなくては」責任者の逮捕に、医療従事者から切実な書き込みも

社会

介護

(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

有料老人ホームで、資格を持たない職員に医療行為を指示したとして、施設長であり医師の男性が逮捕される事案が報じられた。

「人手不足」が深刻化している介護の現場での逮捕事例に、インターネット上では複雑な声が相次いでいる。

 

■無資格の職員にたん吸入などを指示

新潟市内の住宅型有料老人ホームの施設長で医師の男性が、医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕されたことを、「読売新聞」が報じた。

報道によると、逮捕された男性は2016年9月~10月、医師や看護師の免許がなく、必要な研修も受けていない20代の女性介護職員に、女性入所者のたん吸入やチューブでの栄養剤の注入といった医療行為をさせた疑いがもたれている。

 

■市の調査で違法行為が発覚

また、2017年10月には、別の30代女性介護職員に、男性入所者の点滴の針を抜かせた疑いがもたれている。逮捕された男性は「指示してやらせた記憶はあります」と供述しているとのこと。

同施設では、2016年12月に行われた市の調査によって違反が確認され、その後も違法行為が続いていたとみられている。施設は2014年に開業し、今月13日現在12人が入所しているという。

 

■「見せしめでは?」逮捕に複雑な声

報道を受けて「Yahoo!ニュース」には、「施設長の逮捕は見せしめではないか」といった複雑な声が相次いでいる。

・確かに問題行為ではありますが…(中略)むしろ介護現場の過酷な状況の方に目を向けるべきではないでしょうか

 

・他の施設への見せしめかな。実際にやってるところは多いと思うし。確かにこの施設長に問題はある。ただその背景に何があるのかを考えないと、いつまでたっても良くならないですよ

 

・いまこういう老人施設に勤務してくださる看護師さんが少ないのも事実です。当直も夜勤もあり、介護職員との待遇の違いによる人間関係の軋轢があったりで定着率も悪いようです。悪い事は悪いのですが、施設長の先生は戒告くらいの処分にてお願いしたいところです…

 

逮捕容疑については「問題行為」としつつも、「背景にある問題にこそ目を向けるべき」といった声が目立つ。

 

■医療従事者からの声も

また、医療従事者と名乗るユーザーからも様々な意見が寄せられている。

・医療に携わる者です。現実問題として現場のマンパワーの不足は深刻で、皆ギリギリのところで働いています。決して肯定するわけではありませんが、この機会に介護施設の状況に目を向けてほしい。なぜ無資格者にまでこのような事をさせるようになったのか

 

・医療従事者です。一般の方や医療現場で働いてる方の喀痰、胃ろうの研修指導者もしています。現実問題氷山の一角ですね。今でこそ一定の研修を受ければ民間資格を取得でき、吸引と胃ろうを行えるようになりましたが、現実問題夜勤とかでは看護師を従事させるのが難しい事もあります。施設管理者はお金をケチらずに職員に資格を取得してもらいに行ってもららったほうが無難だと思います

 

様々な現状を踏まえ、「施設管理者はお金をかけてでも職員の資格取得を促すべき」との声も。

人手不足が叫ばれる介護の現場で起こっていた深刻な問題。無資格者に医療行為を指示した男性を罰するだけでなく、その背景にあった問題にこそ、目を向けられるべきではないだろうか。

・合わせて読みたい→老人ホームで入所者が浴槽で溺死 「職員さんもかわいそう」と同情の声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu