同居する82歳の母親を暴行で殺害 逮捕された息子に「責められない」と悲痛な声

顔面付近に寝具を投げつけるなどしたとのことだ。

社会

2018/09/18 19:30

高齢女性
(Nayomiee/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

母親(82)に暴行を加えたとして、暴行容疑で神奈川県大和市林間の自称パーソナルトレーナーの男(51)が逮捕された。インターネット上では、男の供述に対し、「責められない」との声があがっている。



 

■寝具を投げるなどの暴行

報道によると、事件が起こったのは16日午後1時半ごろ。自宅で同居する母親の顔面付近に寝具を投げつけるなどの暴行を加えたとされている。

男は母親と2人暮らしで、17日午前2時15分ごろに、「母の意識がない」と119番通報。母親は病院に搬送されたが、午前4時ごろ、死亡が確認された。

男は神奈川県警大和署の署員に、「母の介護にかかるストレスがあって、それが増大した」と話していたとのことだ。


関連記事:介護疲れで92歳母親を殺害した69歳娘 「闇が深すぎる」「介護は心を殺す」の声

 

■ネットでは「悲しい」との声

今回の報道を受け、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「悲しい」「ほかに方法がなかったのか」などのコメントが見られる。

「息子に殺されるとか…そんな最後は嫌だ」


「もうこんなニュースばかり…悲しい。怖い。どうにかなんないのか」


「突発的にやってしまったのかな。せめて寝てる間に口ふさぐとか、ほかにも色々と楽にしてあげる方法があったのでは…と思ってしまう。最期に見た息子の顔が自分を殺す瞬間の常軌逸した表情だったと想像すると悲しい…」


「殺めるならもっと優しく苦しまないように、わからないようにやってほしかった」

次ページ
■母親と息子の両方に同情する声も