東京五輪ボランティア「交通費1000円」に物議 「この国はもう終わり」と嘆きも

東京五輪の「交通費1日あたり1000円」に批判の声が相次ぐ。「この国はもう終わり」との嘆きも。

社会

2018/09/19 16:30

18日、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は運営に携わる大会ボランティアに対し、交通費を補助する名目で1日あたり1000円のプリペイドカードを支給することを決定した。

「やりがい搾取」などと批判されていることを受けての流れと見られるが、ネット上では逆に呆れる人を増やす事態になっている。


 

■交通費は「1日1000円」

同日に行われたボランティア検討委員会で決定された交通費支給。独自に作るプリペイド式のカードに、1日ごとに入金する方法で支給することを検討するという。

なお、交通費名目ではあるものの、それ以外の用途にも幅広く遣えるカードにするということで、ボランティアを務めた記念になるようなデザインになるようだ。

ちなみに、このカードの新規制作に必要となる費用については、まだ明かされていない。


 

■「バカにしすぎ」「この国はもう終わり」

この報道に対し、ネット上では呆れの声が相次ぐことに。

・1日1000円って安すぎるだろ


・片道500円なんてよほど近いところに住んでないと足りないじゃないか


「独自に作るプリペイド式」は〜あ!? どれだけ利権まみれなんだよ


・この国はもう終わりだな。バカにしすぎ

次ページ
■「転売しろってこと?」

あなたにオススメ