あおり運転後、顔面を殴打した36歳無職男 執行猶予に「車社会からの追放」求める声

「免許の生涯失効」を求める声も。

社会

2018/09/20 07:00

(Berezko/iStock/Thinkstock)

今年6月、36歳の無職の男があおり運転の末、相手の運転手の男性に重傷を負わせる事件が発生。18日に函館地裁で判決が言い渡され、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決となった。

あまりに酷い暴行の実態と、執行猶予付きの判決に、ネット上では疑問の声が相次いでいる。


 

■あまりに酷い暴行

今年6月、男は北斗市の国道で軽乗用車にあおり運転をすると、前に割り込み、急ブレーキをかけて相手の車を自身の車に追突させた。

その後、軽乗用車の運転手を無理やりひきずり出すと、顔面を殴って鼻の骨を折るなどの重傷を負わせたという。

しかし、被告が反省の態度を見せたこともあり、最終的に懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決に落ち着く形となった。


関連記事:高校生になっても親からブラジャーを与えられなかった女性 衝撃の内容に共感や悲鳴

 

■「甘すぎる」の声

この報道に対し、ネット上では「甘すぎる」「実刑にすべき」など、厳しい声が相次ぐことに。

・軽いと思います。また、再犯すると思う


・刑罰を重くして欲しいです。再犯します。免許を取り上げましょう


・毎回思うけど判決が甘いね、実刑でしょう


・こんな凶悪なことしても執行猶予付きなんですね

次ページ
■「免許永久取り消し」求める声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ