「コルク狩り」容疑で少年らが逮捕 「なんのことかわからなかった」の声相次ぐ

あまりにも低レベル&昭和のような犯罪に失笑が広がっている。

社会

2018/09/20 16:30

コルク
(zozzzzo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

警視庁少年事件課は19日、コルク製のクッションを使った「コルク半ヘルメット」を着用したバイクの少年を脅したなどとして、17~18歳の少年ら計5人と、指定暴力団組員員の男(23)を恐喝容疑などで逮捕したと発表。

平成が終わろうとしているなかで起こった「昭和のような事件」であること、そして「コルク狩り」というネーミングに、ネットでは失笑が広がっている。


 

■「コルク狩り」で逮捕

毎日新聞」によると、逮捕容疑は4月30日夜。北区にある公園で少年ら2人が、足立区の塗装工の少年(16)に対して「北区は(自分たちの)シマだから次にコルクかぶったら殺す」などと因縁をつけ、ヘルメット1個(時価2万円)を脅し取った疑いがある。

このコルク製のヘルメットは暴走族が愛好しているアイテムで、少年たちは暴走族以外の人が被っていると難癖をつけ、「コルク狩り」と称して脅し取っていたそうだ。


関連記事:高校生になっても親からブラジャーを与えられなかった女性 衝撃の内容に共感や悲鳴

 

■呆れの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では呆れの声が相次ぐことに。

・難癖をつけるとか、昭和みたいな話だな


・事件場所は、都会なのに、やってる行動が田舎もん


・これは未開の地の部族の話かね?

次ページ
■「コルク」に困惑する人々

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ