北川景子「怖かった」 SNSの目撃情報が招いた恐怖体験に「ストーカーじゃん」の声も

19日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で語った、SNSにまつわる恐怖体験がネットでも話題

エンタメ

2018/09/21 07:30


 

■ストーカー行為を自覚しているのは…

しらべぇ編集部では、かつて全国20~60第の男女1,378名に「ストーカーと思われてもおかしくない行為をしたことがある」か、調査を行った。

ストーカー男女別グラフ

結果、全体では12.0%とわずかではあるが、自覚がないストーカーもいるのではないだろうか。男女別の割合では、自覚のある男性が多い割合になった。

しかし近年では、動画投稿者へのストーカーで逮捕されたり、ファンの自宅に侵入し逮捕された女性もニュースで見かけることが少なくない。


関連記事:安住アナが『ニューキャス』でたけし不在の理由を正直に説明 「単刀直入で良い」と話題

 

■今も多く見られる芸能人の目撃情報

今でも、芸能人の目撃情報を拡散や、引っ越し先の情報流出などで問題になることもあるツイッター。日本でツイッターが普及しはじめたのは、2009年ころだといわれている。

北川は、2006年に映画初出演、翌年には連続ドラマの初主演、2008年には初の月9ドラマのヒロインと知名度と人気が急上昇の23歳ころの出来事だろうか。北川「最近はもう慣れた」という言葉から、同じような行為をする人が多いことがうかがえる。

芸能人でなくとも、たとえばカラオケボックスで部屋を間違えて開けられただけでも、一瞬恐怖心に包まれる人もいるのではないだろうか。当時の北川の心情を察するとぞっとする。

・合わせて読みたい→キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバすぎる 「病院に行ったほうがいい」の声も

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)