愛されキャラにも苦労はある!? リア充よりも「愛され」が多い特徴は…

いい部分もあるけど、本人的にはその扱いが切ないことも…

(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージ)

男女問わず、好感度の高い人に使われる「愛されキャラ」という言葉。ちょっとダメなところがあるけど、どこか憎めない、得するタイプだ。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,357名を対象に自分のことを「愛されキャラだと思う」か調査した。


 

■自称・愛されキャラは…

「愛されキャラだと思う」と回答したのは、全体で15.4%。もっといても良さそうだが、自分で自分を「愛されキャラ」と言うのはちょっとハードルが高いのかも。

男女別では男性16.8%に対して、女性は14.0%と僅かに男性が大きな差はないもよう。

性別・年代別では

20代30代と60代は比較的高めの一方で、40代50代はやや低い。とくに40代女性は9.0%と1割を切っているのは「愛されキャラ」の持つ、かわいさやちょいダメな感じが、あまりしっくりしないのだろうか。

そして、どんな人が「愛されキャラ」なのか特徴別データをチェックしてみると、

「勝負下着を持っている」「匂いフェチだ」「ガリ勉だった」が、「リア充だ」を上回る結果に。

“天然”なニュアンスもある「愛されキャラ」ではあるが、「勝負下着を持っている」という、ある意味“愛される努力”をする人にも、あてはまる属性のようだ。


 

■僻まれる厄介も

実際に「愛されキャラだと思う」という人に、話を聞いた。

「自分でいうのはちょっと恥ずかしいけど、愛されキャラだと思います。子供の頃からのんびりした性格で、周囲が“やってあげたくなっちゃう”ところがあるみたいで…。あとは『甘え上手』『後輩力が高い』というのも、よく言われます。


たぶん原因は3人兄弟の末っ子、しかも姉が2人だから、そこで鍛えられたのかも。(笑)ただもう大人だし、そこに甘えていると先々“痛い大人”になりそうなので、愛されキャラをキープしながら、デキる男になることが今の課題です!


でも、そんなことを口にしても大概ニコニコしながら、イジられたり、あしらわれたりするだけなんですけどね。(苦笑)」(20代・男性)


「自分ではよくわからないのですが、周囲からはよく『愛されキャラだよね』と言われます。いろんな人とすぐ仲良くなれるし、プライベートではイベントや旅行などに誘われることも多いかな。


確かに得している部分もあるとは思いますが、ただ仕事などでは稀にですけど、がんばってやったことでも『愛されキャラだから』とやっかまれたり、仕事そのものをきちんと評価されないようなことも…。


トータルではプラスが大きいと思いますけど、そういう扱いを受けた時には、すごく悲しくなるし、そういうタイプの人が同じチームになると人間関係でかなり消耗するので、“キャラ勝ち”ってわけでもないですよ」(30代・女性)


そうでない人から見ると「うらやましい」部分もあるが、愛されキャラ故の苦労もゼロではないようだ。

・合わせて読みたい→愛されるいじられキャラ しかし本人は複雑な思いを抱いていることも…

(取材・文/しらべぇ編集部・チーム・ ぺる

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1357名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ