「ロッチ現象」でコント日本一の座を逃したチョコレートプラネット、半年間の苦行へ

コント日本一を争う『キングオブコント2018』の決勝戦が22日、行われた。

チョコレートプラネット
(画像はチョコレートプラネット松尾公式ツイッターのスクリーンショット)

コント日本一を争う『キングオブコント2018』の決勝戦が22日行われ、TBS系にて生放送された。新進気鋭の3人組・ハナコが見事優勝を勝ち取り、11代目キングに輝いた。

そんな中、3位に終わったチョコレートプラネットが「ロッチ現象」を巻き起こしたと話題になっている。


 

■ロッチ現象とは?

3年前に行われた『キングオブコント2015』において、決勝戦に進出したロッチは1本目に披露した試着室コントで大爆笑を巻き起こし、ファーストステージを1位通過。優勝は堅いと誰もが思った。

しかしファイナルステージで繰り出したボクシングチャンピオンのコントが、まさかの大スベりを喫する。結果得点は伸びず、当時ほぼ無名だったコロコロチキチキペッパーズに逆転優勝を許す形となってしまった。

このように、2本目でスベって優勝を逃すことが大会ファンの間では「ロッチ現象」と呼ばれている。これを今回、不本意にも再現してしまったのがチョコプラだったということだ。


関連記事:バナナマン出演番組が放送見合わせか 「モザイクかけて」「山口の件も」と悲鳴

 

■本格コント師・チョコプラ

チョコプラと言えば、長田庄平による和泉元彌のものまねと、松尾駿によるIKKOのものまねがウケて近年テレビで引っ張りだこの人気者。「ものまね芸人」として認識している人も少なくないと推測されるが、その実体は実力派の本格コント師だ。

長田の趣味と実益を兼ねたDIYによって生み出される数々の小道具を駆使し、世界観の作り込まれた演劇的なコントを得意とする。この日の2ネタも、小道具を最大限に生かしたネタとなった。

1本目には、謎の人物(長田)に幽閉された松尾がパニックになり、重厚な悪役を演じる長田の話を全く聞かないというネタを披露。478点という、この日最高得点を叩き出してファイナルステージへ進出した。

しかし勝負のファイナルステージに選んだ「意識高い系大工」のネタが空回り。440点という得点は、この日披露された全13ネタのうち下から4番目の低評価。審査員長の松本人志は「ちょっと小道具に頼りすぎちゃったかな」と同情してみせた。

次ページ
■中岡「慣れるのに半年かかる」

あなたにオススメ