ペット飼育を強制されてハムスターが10匹に… ブラック企業のトンデモ命令がヤバすぎる

「ジムに通え」「ペットを飼え」業務外まで口を出されるとは…

ハムスター
(Lyubov Demus/iStock/Getty Images Plus)

知人や友人、会社の同僚などからふとしたアドバイスを受け、趣味や人生の幅が拡がることがある。しかし、もしそれが「強制」だっったとしたら、どうだろう? 「プライベートに口を出すな!」と不快に感じる人が多いのではないだろうか。

GPSを使って残業時間の証拠を自動で記録できるスマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発した日本リーガルネットワーク社には、ブラック企業の先輩から受けた、業務に関係ないとんでもない命令についてのエピソードが寄せられた。



 

■「残業100時間超え」のブラックぶり

anonymousさんが働いていた会社は、勤務時間においてもかなり厳しいものだったという。

「平日は9時〜26時が普通、休日出勤は当たり前で、休日だからといって昼過ぎに帰ろうとすると、引き止められる。 残業時間は100時間超えが普通。


基本的に新卒採用しかしておらず、10人以上は採用します。 が、1年の間に先輩社員も含めて10人以上は退職します。 つまり±0の社員数が毎年続いています」


関連記事:出勤すると3ヶ月「監禁」 『ブラック企業エピソード大賞』に選ばれた異常な会社の実態

 

■ジム通いとペット飼育を強制

さらに、上司・先輩から「ジム通い」を強制され、同僚は「ペットの飼育」までも強いられたという。

「自分はぽっちゃり体型ということがあり、 いつまでに○○kgを切らないと、ジムに通えと言われ、 自腹でジムに通わされコミットさせられました。


また、 とある社員の話で、 『お前は人間の気持ちがわからない、それならまずはペットの気持ちがわかるようになれ!』とのことで、 ハムスターを2匹飼うはめになりました。


メスを2匹にしたから増殖することはないと言われていましたが、実際はオスとメス1匹ずつであり、 数週間で10匹を超えるハムスターを飼うはめに…。 餌代やゲージ代はすべて自腹で飼育をしていました」


anonymousさん自身も、増えすぎてしまったハムスターを1匹貰い受けることとなった。

次ページ
■弁護士の見解は…

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

ブラック企業残業弁護士ペットジムハムスター強制
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング