大人になってからも危険!? トイレの夢を見ておねしょをした経験談

トイレをする夢になった瞬間、飛び起きたい。

ライフ

2018/09/26 08:30

(Tharakorn/iStock/Getty Images Plus)

おねしょは、基本的に子供がするものだと思われている。しかしながら、大人になってもおねしょする人は意外に多いという。



 

■4人に1人がトイレの夢でおねしょ

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に、「おねしょについて」の調査を実施。

トイレをする夢を見ておねしょグラフ

「トイレをする夢を見て、おねしょしたことがある」と答えた人は、全体で23.8%と一定数いることが判明した。

「大人になってからのおねしょは、だいたい酒絡み」(30代・男性)


関連記事:高校生になっても親からブラジャーを与えられなかった女性 衝撃の内容に共感や悲鳴

 

■大人になるとトイレの夢を見ても…

子供の頃のおねしょの思い出には、トイレの夢がセットになっている人も多い。

「子供の頃におねしょするときには、だいたい夢にトイレが出てきた。ただ大人になってからは、さすがにない」(40代・男性)


大人になってからは夢でしてしまっても、現実では我慢ができているから不思議である。

「夢の中ではおしっこをしてしまっても、現実はセーフなことが大人になってからは増えた。こんなことで、大人を実感するなんて思わなかったけれど…」(20代・男性)


■大人のおねしょもよくあること

大人になってからでも、トイレの夢からおねしょしてしまった人もいる。

「恥ずかしいから周囲の人には言ったことがないけれど、大人になってからも2回くらいおねしょしたことがある。子供の頃と同じように、トイレの夢を見てそのまましてしまう感じのやつ。


お酒を飲んでいたわけでもないし、なんでこんなことになったんだろうとショックだった。できるなら、もう起こらないで欲しい」(40代・女性)


勢いよく、出してしまう人も。

「トイレをしている夢で出した瞬間に股のあたりが温くなり、『あっ、これはおねしょのパターンだ』とわかる。


そこで止めればパンツだけの被害で終わるけど、寝ぼけているため『もういいや』と勢いよくしてしまって…。ベッドがべちゃべちゃになり、起きて冷静になったときに後悔する」(40代・男性)


おねしょの前にトイレの夢を見るのは、『おしっこがしたい』と思っているから。最初のシグナルで、目覚められたらいいのだが…。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)