しらべぇ

「趣味の動画で人生変わった」 中国で爆発的ヒット中のGARNiDELiA(ガルニデリア)に直撃

中国「ビリビリ動画」をきっかけにヒットを記録したユニット「ガルニデリア」。26日、ニューアルバム『響喜乱舞』をリリースしたばかりのおふたりにインタビュー!

エンタメ

GARNiDELiA

ボーカリストのメイリアとコンポーザーtokuのユニット「GARNiDELiA(ガルニデリア)」。

2014年にメジャーデビューを果たして以降、9枚のシングル、2作の配信シングル、4枚のアルバムをリリースし、また2018年8月までで、世界10カ国・17都市でライブ出演も果たしている。

2016年、あることがきっかけで中華圏で爆発的なヒットを記録し、それが日本で話題になるという逆輸入のような出来事が起きた。

しらべぇ取材班は、先月までライブツアーで日本全国を回り、今月下旬以降もライブで多忙な二人を直撃。中華圏でのヒットや今後の展望について、話を伺った。

 

■無断転載で拡散…中国の人口の多さを実感

GARNiDELiA

2016年4月、メイリアは自身が作詞した「極楽浄土」に合わせて歌って踊る「踊っちゃってみた動画」をYoutubeやニコニコ動画に投稿。

その後、中国人のユーザーが「ビリビリ動画」に転載した。「ビリビリ動画」とは、日本のニコニコ動画と同じくコメントを投稿でき、映像上にコメントが流れる機能がある。会員登録数は3000万人以上で中国最大級の動画投稿サイトだ。

この「無断転載」がきっかけで、動画の再生回数1000万回を突破し、中国で爆発的にヒット。一気に知名度を上げたといわれている。

toku:ビリビリ動画は、上海や台湾で大規模なイベントも行われているくらい人気があるんですよね。以前から動画で僕らを知った方々が声をかけてくださって、ライブやイベントへの出演はしていました。ただ、メイリアが踊っている動画に対する反響は今までにないくらい大きかったです。

 

メイリア:今は「踊ってみた」が人気ですが、以前は「歌ってみた」が人気だったんです。当初は、歌い手とプロデューサーが一緒に出るイベントがたくさん開かれていて、そこに参加させてもらっていたんです。

 

今、中国で応援してくれるファンは「踊ってみた」で知ってくれた人たち。時代とともに知られる形は変わっています。

 

変わらないのは、中国の人たちのネットでの拡散力。たとえばYoutubeは世界中の人が観てくれて、再生回数3000万回ですが、ビリビリ動画は中国の人しか観てないのに同じくらいの再生回数っていうのは、やっぱり、中国の人口の多さを実感しましたね。

 

「極楽浄土」がアップされていなかったら、私たちはビリビリ動画に関わることはなかったかもしれないし。「極楽浄土」以降は、ビリビリ動画でもアカウントを作ってアップするようになりました(笑)。

 

■完全な趣味の動画で人生が変わった

GARNiDELiA

「極楽浄土」をはじめとして、その後も動画でメイリアと一緒に踊っているみうめさんと217(ニイナ)さん。この3人で踊るようになったきっかけを聞いた。

メイリア:それぞれ1人で「踊ってみた」動画を投稿していた2人なんです。2012年、tokuはプロデューサーとして参加してくれていますが、メイリアとしてソロアルバム『「aMazing MusiQue PaRK」』を出しました。記念として何かできないかなぁ~って考えていたんです。

 

イベントで仲良くなったみうめに「収録されている『Girls』に合わせて振り付けてよ」ってノリでお願いして。もともとダンスも好きだった私と、みうめが連れてきてくれた217と3人で踊ったのが、「踊っちゃってみた動画」シリーズの第1弾です。

 

再生回数とかまったく気にしていなかったから、この動画が100万再生を超えて「すごーい!」って盛り上がりましたね~。その時は、ノリでつくったものだったけど、ファンの方からも「動画待ってます!」という声を頂いていたこともあって、約1年後くらいにGARNiDELiAの『Lamb.』という曲で第2弾をアップしました。

 

この動画シリーズは仕事じゃなくて、好きな人と好きなことをやるっていう完全な趣味(笑)。自分が好きなことを、みんなも好きと言ってくれて。さらにお仕事として繋がったり、形になっていくのは感慨深いですね。

 

「極楽浄土」の動画がなかったら、今回のアルバム発売まで繋がっていなかったかもしれないし、アジアツアーはできていないと思うし。これがきっかけで人生が変わりましたね。

 

■動画の影響で女性3人組だと思われていた

GARNiDELiA

「極楽浄土」の動画投稿から約1年後の5月、中国・上海で初のワンマンライブを行い、成功させた。さらに2カ月後の7月には「ビリビリ動画」が開催するイベント「ビリビリマクロリンク」にゲスト出演し10~20代が中心のファン1万2千人から熱烈な歓迎を受けた。

toku:僕らはアニソンもやっていますが、ワンマンライブで披露すると「この人たちの曲だったんだ!」みたいな(笑)。曲は知っているけど、誰が歌っているかまでは知らない…一致してなかったほうが多かった。

 

今は「ガルニデリア」という名前も浸透してくれたみたいですが、当時は動画の影響で、女性3人組のグループだと思われていた方も少なくなかったですよ(笑)。

 

■日本ではバラードはしんみりと聞くが…

GARNiDELiA

ミニブログなどを提供している、中国で最も人気のあるウェブサイト「weibo(ウェイボー)」で人気者が、メイリアのダンスを拡散したことも大きな影響だったという。また、中国で行うライブではノリかたの違いも印象深いという。

メイリア:中国のイベントに参加すると、ウェイボーで100万人くらいフォロワー数がいるような踊り手の子が「ファンなんです!」って言ってくれるんですけど、「いやいや、みんなのほうがフォロワー数いるからね!」って(笑)。

 

この方たちが拡散してくれたことで、私たちを知ったという人も多いですから。

 

toku:そういう方たちが拡散してくれたおかげで、中国でライブをすることも増えていった。中国の方たちはライブで一緒に歌ってくれるのが印象的ですね。日本語の歌だけど覚えてきてくれて。

 

メイリア:日本のライブでバラードを聞くときって、静かにしんみりと歌詞を噛みしめながら聞いてくださる人が多いですよね。

 

でも中国では、バラードの時も一緒に歌ってくれている印象が強いですね。とにかく声が大きくて高いテンションでノッてくれるので、私たちもすごく楽しくなります。

 

 

■日本に対して垣根がない?

GARNiDELiA

イベントが多い中国。そんな中国で爆発的ヒット…となると、中国に行く機会もだいぶ増えているはず。どれほどの頻度で訪れているのだろう。

toku:イベントやライブなどの仕事で、昨年から月に1回、多いときで2回は行ってますね。日本のイベントより多いときもあるかも(笑)。

 

メイリア:中国は、ライブで訪れたのがはじめてだったんですが、印象は大きく変わりましたね。街の人たちも、お店の店員さんもにこやかで優しい人たちが多いですよ。行ってから好きになりました。

 

toku:派手な髪の色だからじゃない? 珍しがられるよね(笑)。でも、今の中国の若い世代は日本に対して垣根が全然ないですからね。音楽もそうだし、日本語も勉強してくれているし。

 

■世界中に届けたいベストアルバム

GARNiDELiA

9月26日、新曲2曲を含む10曲が収録されている『響喜乱舞』をリリースした。国境を越えて応援してくれるファンがいること、ライブを開催できることは簡単なことではない。

デビュー当時から応援している日本のファンにはどう写っているのだろう。そして、ふたりの今後の展望はどんなものなのだろう。

メイリア:海外でのイベントが増えると、「こっち(日本)でもやってよ~!」と言われることはありますね。寂しいと言ってくれるファンの方もいて嬉しい。でも、国は関係なく待ってくれている人がいるところには、会いに行きたいと思っています。

 

toku:それもあって、7月から8月まで、ワンマンライブツアー『stellacage Tour 2018 “glow”』で日本全国10カ所に行かせていただきました。『響喜乱舞』は、世界中にリリースするためのベストアルバムだと思っています。ここからまた新たに、僕ららしくやっていきたいですね。

 

メイリア:「踊っちゃってみた動画」シリーズをやりはじめてから、世界を意識することが増えていきました。もちろん、動画は作り続けていきたいと思うし、アジアのみならず世界中でワールドツアーをできるくらいに、あゆみは止めたくないと思っています!

 

9月29日に「Zepp Diver City」でのライブを開催。来月10月6日は中国・北京で開催される『BILIBILI MACRO LINK 2018 BEIJING』への出演も決まっている。「踊っちゃってみた」動画でダンスを覚えながら…躍進し続ける「ガルニデリア」に注目していきたい。

・合わせて読みたい→最近Twitterで見かけるツインボーカルユニット「スパボ」って何者?

(取材・文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳) 撮影/ステさん

この記事の画像(8枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu