「後輩社員の首にトング」の郵便局 悲惨な実態に「拷問」「ただの犯罪」と批判

なにが面白いのか、理解できない事件。

社会

2018/09/26 13:00

 

■ツイッターでは批判相次ぐ

暴行を受けた男性は日頃から仕事のミスが多く、同じ失敗を繰り返しては他の社員が尻拭いをしていたという。その鬱憤が積もり、今回の事件に発展した…ということらしいが、だからといって暴力行為はあってはならないこと。

ツイッター上では「拷問ですよね」「ただただ犯罪」など厳しい声が多数確認できる。

・これ拷問ですよね?


・いじめっつうかただただ犯罪


・いじりもイジメも犯罪だからね


・過ぎた指導とあるが指導ちゃうやろwミスによりしわ寄せが来て、その鬱憤などを意趣返ししたんだと思う。要はただの暴力だわw


関連記事:安住アナが『ニューキャス』でたけし不在の理由を正直に説明 「単刀直入で良い」と話題

 

■「問題の本質は深い」の声も

また、「仕事ができない人を育てるのは難しい」「向いてない職種だったのでは?」など、問題の本質はもっと深い部分にあると指摘する人も。

・まぁ遅刻と同じミス繰り返してたのはありえないね


・問題の核心は深いと思う


・暴力はダメだけど「何度も同じミスをおかし、まわりがフォローして残業をしいられた」ってどこかで聞いたような話だなー


■「イジり」と「いじめ」の境界線

おもにバラエティ番組で耳にする「いじり」という言葉。笑いへの意識が強い大阪では、プロの芸人だけでなく、素人でも容赦ないイジりが行なわれている。

しかし、それが「いじめ」や「犯罪」の隠れ蓑になっているのも事実であり、昨今は「イジりといじめ」の認識のズレをめぐって、議論になることも多い。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「イジり」について調査したところ、6割以上が「いじめだと思うことがある」と回答している。


当たり前だが、熱したトングを首に当てるのは暴力行為でしかない。飲み会の雰囲気に流されず、大人らしく振る舞う人が少しでも増えてほしいものだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

あなたにオススメ