蛭子能収、店での無礼すぎる言動に批判殺到 マツコも「これは酷い」と絶句

蛭子能収の「栗羊羹の食レポ」が酷すぎると騒然…

蛭子能収
(画像は蛭子能収公式ブログのスクリーンショット)

「うっかり、相手に失礼なことを言ってしまったかもしれない…」そんな経験がある人もいるだろう。

26日放送の『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)にて、漫画家・蛭子能収のロケ先での言動に、批判の声が相次ぐ事態となっている。



 

■栗羊羹の断面を見にロケへ

番組では、視聴者から寄せられた「いろんな栗羊羹の断面が見てみたい!」という依頼を叶えるべく、蛭子が様々な名店の栗羊羹をレポートすることに。

一軒目の和菓子店に入った蛭子が、ガラスの商品ケースをベタベタと触る様子に、有吉弘行は「無神経」と苦言。2軒目の店では、香り付けのため朴の葉に包まれ、中に栗きんとんが入った栗羊羹を試食したのだが…

「外はチョコレートに包まれて…あ、羊羹? チョコレートだと思ってた」


と、「栗羊羹の断面を見る企画」でまさかの発言。店員が「チョコレートは入っていません…」と横で注釈を入れる様子に、マツコ・デラックスも思わず「これは酷いね、ほんとに」と呆れていた。


関連記事:スタッフにキレるアンジャ渡部に有吉激怒 「元々イヤな人」「思い上がりも甚だしい」

 

■その後も天然発言を連発

その後も、栗羊羹の上にカステラ生地が乗った栗むし羊羹が登場すると、「カステラがあんまり売れないから、コレ(羊羹)が売れるときにくっつけて出してるって考えられますね」とコメント。

5種類の断面が美しい栗羊羹について、独特な感想を述べた蛭子に、マツコは「恐らくもう、味覚はないんだろうね」とバッサリ。有吉は「芸能界で売れることと引き換えに、味覚を捨てた(のでは?)」とジョークを交わし、笑いを誘っていた。

次ページ
■「失礼すぎる」と批判殺到

この記事の画像(1枚)