吉澤ひとみ被告保釈にマスコミ殺到 署員の「ある行動」が有能すぎると話題

吉澤ひとみ被告の登場を待つテレビカメラに映った、原宿署員の行動が「有能すぎる」と話題に

吉澤ひとみ
©AbemaTV

酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げ事故を起こして逮捕され、26日に道路交通法違反などの罪で起訴された、元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告。

27日、勾留先である警視庁・原宿署から保釈される様子が各局で中継された。そこに映り込んだ署員の「ある行動」がインターネット上で話題になっている。


 

■保釈金は300万、保釈時に謝罪

吉澤被告は27日の午後5時30分ごろ保釈され、白いブラウスに黒いスカート姿で登場。うつむき加減で、憔悴している様子も伺える。

吉澤被告は集まった報道陣に向けて深々と頭を下げ、中継映像では聞き取れないほどのか細い声で「被害者の方々に深くお詫び申し上げます。この度は誠に申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を述べた。

吉澤被告の保釈金については、300万円と報じられている。


関連記事:高校生になっても親からブラジャーを与えられなかった女性 衝撃の内容に共感や悲鳴

 

■報道陣が殺到する中、ポスター掲示

インターネット上で話題となっているのは、吉澤被告が登場する、すこし前に起こった出来事。

吉澤被告保釈の瞬間をカメラに収めようと、原宿署の裏口にはテレビカメラなど報道陣が殺到。多くの情報番組で中継映像が放送される中、裏口から数名の署員が現れた。

署員たちは持ってきた、藤井聡太七段の「振り込め詐欺撲滅」のポスターを、テレビカメラに映り込む絶妙なポジションに掲示。「原宿署の動き」として、テープでポスターを貼る署員たちがクローズアップされる場面もあり、ポスターは多くの注目を集めた。

次ページ
■「有能すぎる」とたちまち話題に

この記事の画像(1枚)