女性の下着を盗んだ男を現行犯逮捕 窃盗にとどまらない「最低行動」に怒りの声

女性の下着を盗んだ男が逮捕された。

社会

2018/09/27 20:20

下着
(Jupiterimages/Polka Dot/Thinkstock/写真はイメージです)

マンションに侵入して女性用下着を盗み、住人女性を殴ってけがをさせたとして、自称・解体作業員の男(50)が現行犯逮捕された。

インターネット上では、逮捕された男に対する怒りと軽蔑の声が相次いでいる。



 

■近隣住人が被害女性を助ける

報道によると、事件が起こったのは22日午後9時ごろ。男は東京都豊島区内のマンションの一室に、無施錠の玄関から侵入。女性用の下着類17枚などを盗んだうえ、部屋に戻ってきた住人女性(27)の顔面を殴ってけがをさせるなどした。

また、悲鳴を聞きつけて駆けつけた別の部屋の女性(26)も壁に頭を打ち付けられ、軽傷を負ったという。そのあと、近隣に住む男性2人が男を追跡し、取り押さえた。

男は警察の調べに対し、「下着を盗んだのは間違いない。捕まらないように抵抗した」などと供述。容疑をおおむね認めているとのことだ。


関連記事:就寝中の女性にわいせつ行為 逮捕された都立高職員の男が「トンデモ発言」

 

■ネットでは「病気」「情けない」の声

今回の報道を受け、『Yahoo! ニュース』では、「病気」「情けない」といった声があがっている。

「下着泥棒のニュースは久しぶりに聞きました。でも住人の女性だけではなく、悲鳴を聞いて駆けつけた女性にまでけがを負わせるとはね。暴力は最低」


「女性用下着なんて通販でも買えるだろ。っていう問題でもないんだろうな。ご病気なのでしょう。被害者の方はお気の毒です。トラウマになるだろうな」


「なんというか、情けなくてため息が出ますね…」


「相手に抵抗しても捕まるよ、それは。けがまでさせたのなら」


下着を盗もうとしただけでなく、部屋の住人女性や駆けつけた女性に暴力をふるったことへの怒りの声も見られた。

次ページ
■女性を助けようとした3人を称賛