自分が殺人を犯したら死刑になっても仕方ない? 日本人の死刑支持を深掘りしてみると

死刑支持の比率が高い世論。では、自分が殺人罪で裁かれるとしたら…

刑務所
(FOTOKITA/iStock/Getty Images Plus)

今年7月、地下鉄サリン事件などを引き起こした元オウム真理教信者ら13名の死刑が執行された。

一度に行われた死刑としては戦後最大規模ということもあり、諸外国からは批判の声も上がったが、国内では一部メディアを除いて大きな反対は見られなかった。死刑を支持する国民感情が根強いためと考えられる。

実際、しらべぇ編集部の調査でも、「自分の大切な人が殺されたら、犯人を死刑にしてほしい」と考える人の割合は、8割に迫った。

死刑


 

■自分が加害者になった場合は?

ここで気になるのは、自分が加害者になって殺人罪で告訴された場合にも、死刑を受け入れるかどうかだ。そこで、全国20〜60代の男女1,363名を対象に調査を実施した。

死刑

「自分が殺人を犯したら死刑になっても仕方ない」と答えたのは、全体の68.8%。男性は68.4%、女性は69.3%で女性でほぼ男女差は見られない。


 

■男性より女性の割合が高いが

今回の調査結果を男女・年代別で見てみると…

死刑

60代を除くすべての年代で、女性が男性を上回っている。とくに40代では7.1ポイントの差が開いた。一方で男性は60代が突出し、8割を超えた。

こうして見ると、日本人の死刑支持は、単に被害者となった場合を想定したものではなく、殺人を犯してしまったときの償い方としても、広く認識されていると言ってよさそうだ。

・合わせて読みたい→板野友美、お泊り愛報道で「バストの変化」に騒然 過去画像と比較する声も

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ