『ブラタモリ』番組史上初めて山形県を訪問 未踏の地が残り3県に迫り視聴者感激

『ブラタモリ』(NHK)で、タモリが「日本の中心」となった山形県酒田市を初訪問した。

タモリ

29日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリと林田理沙アナウンサーが、山形県酒田市を訪問した。じつは、今回が番組史上初の山形県訪問となる。タモリ一行の山形県初上陸に、番組ファンは大いに喜んだ。

 

■山形初来県に案内人も大喜び

山形県にはタモリと林田アナも初めて訪れたという。タモリは番組冒頭で、酒田市といえば「米どころぐらいでイメージがない」と語った。

その直後に登場した案内人は、「ブラタモリの山形初来県、心待ちにしておりました!」と、タモリ一行を歓迎。山形県への初訪問がよほど嬉しいらしく、やる気満々の案内人に対してタモリは「あんまり張り切るとバテますんで…」と心配ぎみ。

そんな酒田市は東京まで大体350キロの距離があり、かつては新潟県、福井県、広島県といった主要な港に立ち寄り、米や塩、衣類などを中心に売買していた「北前船」の出発点であり、「日本の中心」であったという。

 

■未踏の地は残り3県

ブラタモリでは、残すところ佐賀県、福井県、徳島県の3県が未だ未踏の地となっている。番組ファンは、山形県の初訪問に喜びの声を上げた。

https://twitter.com/ykm_32574/status/1045986032116654080

■山形といえば日本酒

ちなみにしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,151名に「日本酒がおいしそうな都道府県」についての調査を実施。

日本酒

1位は断トツで新潟県が32.7%、次いで2位が秋田県で10.2%、今回訪れた山形県は6位の3.4%という結果だった。この3県は米どころとしても大変有名なため、自然と「日本酒がおいしい」とのイメージが定着しているのかもしれない。

なお、10月20日に放送されるブラタモリでは、初めてとなる佐賀県を訪問する予定。ブラタモリの全国制覇が実現する日は、きっとそう遠くはないだろう。

・合わせて読みたい→『ブラタモリ』に登場した「ガイシマニア」とタモリの会話がマニアックすぎると話題に

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,151名(有効回答数)

あなたにオススメ