濡れたまま履いちゃう人も! 洗面所でパンツを洗うそれぞれの理由とは

洗っているときの虚しさよ…

ライフ

2018/10/01 11:00

(mariakraynova/iStock/Getty Images Plus)

どんなに注意していても、生理現象などでパンツを汚してしまうこともあるだろう。問題は汚したパンツを、どのように処理するかである。


画像をもっと見る

 

■女性は生理で汚してしまう

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に、「洗面所の利用について」の調査を実施。

パンツを汚して洗面所で手洗いグラフ

「パンツを汚して洗面所で手洗いしたことがある」と答えた人は、全体で35.1%もいることは判明した。50代までは、男性よりも女性の割合が高くなっている。

パンツを汚して洗面所で手洗い性年代別グラフ

女性には毎月、憂鬱にさせるものがある。

「突然生理がやってきて、経血でパンツが汚れることがある。そんなときは洗濯機に入れる前に、ある程度の汚れを洗面所で落としておく。


血がついたままで放置しておいたら取れなくなるし、汚れたものと一緒に他のものを洗いたくないから」(20代・女性)


関連記事:板野友美、お泊り愛報道で「バストの変化」に騒然 過去画像と比較する声も

 

■うんちを漏らしたので…

男性は、お腹が弱い人が多い。大人になってから漏らした経験がある人も、意外に多いのだ。

「お腹が弱いから、大人になってからうんちを漏らしたことが何度かある。ただ僕にもプライドがあって、妻には知られたくない。


だからこっそりと汚れたところだけ洗って、それをお風呂に入るまで履いておく。冷たいけれど、それまでには乾くから我慢する。新しいパンツを買うと、妻が怪しむし。


うんちのことをごまかすと、浮気を疑いかねないから…」(40代・男性)


■洗面所で洗うことに抵抗感

汚れたものを洗面所で洗う行為に、抵抗感がある人もいる。

「洗面所は顔を洗ったり歯磨きしたりするところだから、下着を洗うのはちょっと汚い感じがする。もちろん直接蛇口につけないのはわかっているけれど、心理的なもの」(20代・女性)


しかし、洗ってくれる気遣いがあるだけましだとの声も。

「うちの夫は『パンツ汚した』と渡してくるだけなので、わざわざ洗面所で洗ってくれるだけでうらやましい。私がいないときには、そのまま置いてあるときもあるし…」(40代・女性)


洗っているときに虚しさを感じるのは、人として理性があるからだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)