東京・大阪を移動するなら新幹線・飛行機のどちらを選ぶ? 世代・年収で異なる傾向も

日本の二大都市圏を移動するのは、仕事でも旅行でもよくあるケースだが…

新幹線
(paylessimages/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

東京・大阪の二大都市を出張や旅行などで移動する人は、数多い。コストを抑えるために高速バスを利用する人もいるだろうが、一般的には新幹線もしくは飛行機が使われる。

航空会社にはさまざまな料金プランがあり、一方の新幹線には回数券なども用意されているため、コスト面で大きな差はない。また、乗っている時間は飛行機が圧倒的に短いが、空港までのアクセスや本数を考慮すると時間の差も大きくない。

では、そんな状況の中で新幹線・飛行機のどちらを利用する人が多いのだろうか。しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,363名を対象に調査を実施した。


 

■8割弱が新幹線派

飛行機・新幹線

全体では、75.2%が「新幹線」と回答。飛行機は4人に1人ほどと少数派だ。なお新幹線派は、男性73.4%に対して女性は77.0%と、やや女性のほうが割合が高い。


 

■2、30代男性に目立つ空路派

ところが、男女・年代別で見ると、バラつきもあらわれた。

飛行機・新幹線

東京・大阪間の移動に飛行機を選ぶ人は、男女とも年代が若いほど多い。中でも20代、30代男性は突出し、4割に迫っている。一方、40代以降では、わずかながら女性のほうが飛行機派が目立つ結果となった。


■高年収層では飛行機が健闘

また、年収別では世代別とは異なる傾向も見えてきた。

飛行機・新幹線

年収300万円以下では、飛行機利用の割合がもっとも低く、およそ2割。一方で、年収1000万円以上のグループでは4割を超える。

航空会社は、利用頻度に応じてラウンジ利用や優先搭乗などを行うマイレージサービスを提供しており、出張などが多い人ほど飛行機を選ぶ傾向があるのかもしれない。

・合わせて読みたい→電車や飛行機で背もたれを倒すときひと声かける?もっとも無言な世代は…

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ