樋田容疑者と行動を共にした男性 「とばっちり」「可哀想」の声が相次ぐ理由

自転車を盗んだり、放置されているものを勝手に使うのはダメなことだが、逮捕されてしまう…というのはさすがに可哀想だ。

社会

2018/10/01 14:00

自転車
(pattilabelle/iStock/Thinkstock)

当サイトでも随時お伝えしているとおり、大阪府警富田林署から逃亡した樋田淳也容疑者(30)が、48日ぶり29日に山口県周南市で逮捕された。

服役中に周囲の人たちに「タワマンに住むのが夢」であることを語ったとされるなど、様々なエピソードが出てきているなか、容疑者と行動を共にしていたとされる男性にも注目が集まっている。


 

樋田容疑者につきまとわれ逮捕

朝日新聞」によると、樋田容疑者と行動を共にしていたのは、44歳の無職の男性。自転車で旅をしていたところ、愛媛県の道の駅で樋田容疑者から声をかけられたという。

しかし、望んで一緒に旅をしていたかと言うとそうではなく、警察の取り調べには…

「向こうから声をかけてきて、勝手についてきてうっとうしかった」


「一緒に道の駅で寝泊まりしたり野宿したりしていた」


などと供述。また、一緒にいたのが樋田容疑者だとは気付いていなかったという。

その後、男性の自転車が和歌山県内で盗まれ、放置されていたものだったと判明。山口県警によって、占有離脱物横領容疑で逮捕されることとなった。


関連記事:板野友美、お泊り愛報道で「バストの変化」に騒然 過去画像と比較する声も

 

■同情の声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では「とばっちりすぎる」「可哀想」など、同情の声が相次ぐことに。

・トンダとばっちりか!


・44歳自転車男、樋田容疑者のとばっちりを受けて逮捕されるとは


・可哀想…運が悪いな…


・樋田容疑者とは知らなかったといいます。これはとんだとばっちり。気の毒でした


・樋田容疑者と一緒にいた男性のとばっちり感半端ない…

次ページ
■「チャリパクはダメ」の声も

あなたにオススメ