プロ野球のチーム名を全部言える? 元カレの影響で虎ファンになった女性も

地上波での野球中継が少なくなった今、12球団の知名度は…。

スポーツ

2018/10/02 12:00

(Cunaplus_M.Faba/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

広島カープと西武ライオンズのリーグ優勝で、地元の人々は歓喜にあふれた。一方で地上波での中継が少なくなったため、野球に触れる機会がないまま大人になった人も多いと言われている。


 

■12球団を言える人は約4割

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に、「スポーツについて」の調査を実施。

プロ野球12球団のチーム名を全部言えるグラフ

その結果、「プロ野球12球団のチーム名を全部言える」と答えた人は全体で40.9%だった。多いか少ないかは、意見が分かれるところだろう。

「僕が小学生の頃には、クラスの大半が少年野球のチームに所属していた。とにかくプロスポーツといえば野球って時代だったので、12球団は言えて当然。


今でも野球が大好きで、息子を連れて球場まで応援に行っている」(40代・男性)


 

■女性に12球団を言える人は少ない

性年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が多くなっている。

プロ野球12球団のチーム名を全部言えるグラフ

野球に興味のある女性は、どの年代でも少ないのだ。

「まったく興味がないので、ルール自体もよくわからない。チームも阪神や巨人など、テレビでよく聞く有名なところしか頭に出てこないかな」(20代・女性)


若い男性でも、もともとは野球に興味がなかったという人もいる。

「僕も社会人になるまでは、あまり野球は詳しくなかった。でも上の人たちは、球団を知っていて当たり前のような会話をしてくるので…。そこから野球を観るようになり、おもしろさに気づいた。


取引先に野球好きの人がいれば話のネタになるし、好きになれてよかったと思う」(20代・男性)


■元カレの影響で阪神ファンに

野球が好きになった理由に、「元カレからの影響」と答える女性も。

「うちは親も野球には興味なかったので、触れる機会がほとんどないままに大人になった。だけど元カレが大の阪神ファンで、何度も甲子園に連れて行かれるうちにハマっちゃって。


別れた今でも阪神愛だけはなくならずに、応援し続けている」(30代・女性)


野球を未来に引き継ぐには、若いファンの獲得が大きな鍵となりそうだ。

・合わせて読みたい→ついにプロ野球開幕!しかしルールを知らない若者が増加中

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ