男が電車で目をつけた女性9人にわいせつ行為 「被害者の共通点」に警告も

おぞましい性犯罪事件の裁判に、注目が集まっている

電車の中
(AsianDream/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

うっかりお酒を飲みすぎてしまい、注意力が散漫な状態で帰宅の途につくことは、極めて危険。

電車内で泥酔した女性を探しては自宅に連れ込み、わいせつな行為を繰り返していたとして、女性9人に対するわいせつ略取や準強制わいせつ、強姦などの罪に問われた無職の男(35)の論告求刑公判について、『神奈川新聞』が報道。

インターネット上で注目を集めている。

 

■泥酔女性計9人にわいせつ行為

報道によると、被告は2010年10月から16年6月までの間、電車内で寝込むなどした見知らぬ女性計9人を自宅に連れ込み、わいせつな行為や乱暴をしたとされる。

1日、検察側は論告で、「介抱するかのように女性に近づき、睡眠薬を飲ませて抵抗できない状態にしており、犯行態様は極めて卑劣」と被告を指弾。

「睡眠薬を持ち歩き、始発時間帯に標的となる女性を探すなど計画性も認められる」として、「長期の実刑は免れない」と述べた。

 

■弁護側「強い更生の意欲がある」と訴え

一方、弁護側は「悪質な犯行で弁解の余地はない」としつつも、被告が「余罪を含めて認め、反省している」などと説明。さらに、被告には「強い更生の意志がある」として、「更生を後押しする判決を」と訴えているという。

検察側は懲役16年を求刑し結審。11月6日に判決が言い渡されるという。

次ページ
■犯行に悲鳴「去勢を真剣に考えて」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ