ザギトワ選手、贈呈された秋田犬マサルは「友達」 先住猫との縄張り争いも

女子フィギュアスケート世界女王のザギトワ選手の愛犬「マサル」にオリジアンルマットレスを贈呈!

 

■マサルは「友達」

そんなマサルを、ザギトワ選手は「非常にいい友達」と表現する。

「フィギュアは狭い世界だし、生まれたところと離れて生活しているので友達があまりいなくて。辛い時もあったんですが、マサルを抱っこしたり、1日の出来事を話したり。私も誰かに愛されたいという気持ちがありましたので、私の気持ちを理解してくれる良き友達になりました」と微笑む。

ザキトワ選手

「大きな犬だと抱っこをするとパワー・エネルギーを得ることができるし、お散歩も楽しい。練習の時にうまくいかないこともありますが、そういう時はマサルも猫もきてくれて」と、2人の友達に支えられている…と明かすザギトワ選手。


関連記事:ヒカキン、2ヶ月ぶりに2匹目の猫を飼う 「全力で愛を注ぐ姿」に感動の声も

 

■オリンピックから成長

今16歳でまだまだ成長期のザギトワ選手は、金メダルを獲得した平昌オリンピックから、すでに身長が7cm伸びたという。

ザキトワ選手

「今季に入る時は変な感覚がありましたが、コーチのサポートもあって少しずつ慣れてきました。人間が成長するのは当然のことなので、慣れるしかない。今はとくに問題を感じていません」と言い、「大会ごとにスコアを伸ばして、気持ちを表しながら、フィギュアを愛しながらスケートを滑ることが目標です」と宣言した。

・合わせて読みたい→ペットとキスをする飼い主は「汚い」 投稿に「気持ち悪い」「愛情表現だし」と賛否

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(9枚)


あなたにオススメ