山下健二郎・本仮屋ユイカが織り成すラブコメ『Love or Not 2』 「恋愛の素晴らしさ伝えたい」

三代目JSB・山下健二郎が主演を務めるドラマ『Love or Not2』dTVとFODで配信スタート!

エンタメ

2018/10/05 07:30

山下健二郎 本仮屋ユイカ

昨年3月から5月にかけて、dTVとFODで配信されたドラマ『Love or Not』。

几帳面で女子力が高く、不器用で鈍感な男・主人公の宇佐美幸助を演じたのは、三代目 J Soul Brothersの実力派パフォーマー・山下健二郎。気が強く、男勝りな広澤真子は、数々のテレビドラマに出演する実力派女優の本仮屋ユイカが演じた。

ひょんなことから、男女6人で開催することになった飲み会(合コン)で、幸助と真子は22年ぶりに再会。お互いに初恋の相手であるものの「最悪な再会」から6人の恋と友情が絡み合う。

すれ違いやもどかしさを経て、ラストにふたりは結ばれハッピーエンドで幕を閉じた。

ふたりが織り成すラブコメディ『Love or Not2』の続編の配信が10月5日からスタートする。しらべぇ取材班は、山下と本仮屋に作品への想いやそれぞれの恋愛観などについて話を聞いた。


 

■別れからの幕開けに「なんでなんだろう…(笑)」

山下健二郎

ハッピーエンドから時は流れ…幸助と真子は、約1年間の同棲生活中。生活リズムが違うふたりも、なんとか仲良くやってきた2人。幸助の仕事も軌道に乗りはじめ、真子にプロポーズをしようと決心したある日、真子から言われた言葉は…「別れよう」。

続編の決定を聞いたときの率直な気持ち、またハッピーエンドで終了した約1年半後には別れの言葉からスタート。台本を読んだとき、どんな気持ちだったのだろうか。

山下:『Love or Not』は初主演だったこともあり、僕にとってすごく大切にしている作品なので、続編ができるというのは本当に嬉しかったです。


また、あの6人で集まって撮影できることを楽しみに待っていました。前回はハッピーエンドで終わっているので「続編はどうなるんだろう?」っていうのも楽しみでした。


別れからはじまる内容が書かれた台本を読んだ素直な感想は、びっくりしましたし、「なんでなんだろう」っていう…(笑)。 


本仮屋:別れを言った理由を「なんで言わないんだろう、言えばいいのにね~」って話してました。それだとドラマにならないんですけど(笑)。


前回の撮影のときから健ちゃんは「パート2をやろうよ~!」って言ってくださっていて。主演がそれだけ思い入れがあって、声に出してくれるっていうことが嬉しかった。だから、続編の決定が実現できたことはすっごく嬉しかったです。


私自身、広澤真子っていう役がすごく好きだったので、また演じられるっていうのが本当に幸せだなぁ~って思いました。


 

■唐揚げ定食を食べながら、仕事の悩みやプライベートの話も

本仮屋ユイカ

インタビュー中も「健ちゃん」「ユイカちゃん」と呼び合い、一方が話すとツッコミを入れるほど仲の良さがうかがえる。ドタバタコメディの色が強かった前作に比べて、今回はシリアスな場面も多く、2人のシーンは少ない。

だからこそ、撮影の合間に2人で過ごす時間は楽しく、癒しの時間でもあったという。

本仮屋:前作は、撮影のスタートが6人で集まる飲み会のシーンだったので、必然的に仲良くなる空間だったのかもしれないけど、健ちゃんはみんなが仲良くなるムード作りを人一倍してくださいました。


だから今回、「久しぶり!」の言葉だけでも嬉しかった。


山下:僕は人見知りしないから、ズカズカいっちゃう。だから逆に人見知りの人からしたら、すごく面倒くさいやつかもしれないけど(笑)。


ユイカちゃんとは、役についても台本についても話し合えたし、楽しく撮影できました。今回も撮影を重ねるごとに仲良くなっていったし、深みを増していく感覚はありました。


本仮屋:今回、真子は幸助に言えないことがあったり、嘘をついていたり、悩んでいる時間がすごく長くて。そんな中、健ちゃんが近くに来ると「大変だったよ~!」って言えるような、癒しの存在でした。あ、撮影の合間に唐揚げ定食をご馳走してくれました(笑)。


山下:食堂に2人で行ったんだよね。信頼関係もできているので、この作品の話はもちろん、仕事の悩みやプライベートの話まで、色々話したよね。リラックスできてすごく楽しかった時間でしたね。

次ページ
■前作と今作の変化、新たな発見も

この記事の画像(11枚)

あなたにオススメ