品川祐、「嫌われ者代表」のはずが今や知られてすらいない?  衝撃の知名度が露呈

『アメトーーク!』にて、「ありがとう品川」企画が行われた。

 

■バカリズム、致命的な総括

このVTRを受け、バカリズムは「品川さんって、トガってた時代は良くも悪くも目立ってた。嫌われキャラで行くのはいいと思う。けど、ここにいるみんながフォローしたり、本人も丸くなっていくことで、どんどんキャラが薄くなってしまったのでは」と分析する。

「こういう(品川を持ち上げる)企画自体がマイナス効果なんじゃないかな」と、今回の企画そのものを疑問視するコメントも発し、出演者陣を黙らせてしまった。

さらに「嫌われていた時代のVTRなんかを流せば、十分に笑いは起きる。今皆さんがやっているのは、それを封じにかかっていること。これを封じてしまえば、次回は品川さんで企画が立てられない」と続ける。

「『ありがとう品川』に続く企画、皆さん思いつかないですよね?」と訴えかけ、「皆さんが品川さんを殺し始めてるんです」と冷静かつ客観的な視点で現状を総括した。

これを聞いた品川は「芯食っちゃってるな……」と痛恨の表情を見せ、品川大好き芸人たちはぐうの音も出ず黙り込む。「すみません、反論してもらわないと本当に終わっちゃうんで……」と、逆に戸惑ってしまったのはバカリズムのほうだった。


 

■芸能人は嫌われてナンボ

芸能人というのは特殊な職業で、視聴者に好かれることはもちろんだが、嫌われることも同じくらい大事なのだ。一番ダメなのが興味を持たれないこと。好きでも嫌いでもないタレントがテレビに出ていたとして、一体誰がそれを楽しめるだろうか。

関心を持たれない芸能人は、まず生き残ることはできない。嫌われてでも視聴者の印象に残らなければ、あの華々しい世界を生き抜いていくのは非常に難しいと言わざるを得ない。

番組ラストには相方・庄司智春も登場し、2人そろって頭を丸刈りにして再出発を誓った品川庄司。かつて有吉弘行から「おしゃべりクソ野郎」と名付けられた頃のような輝きを、再び取り戻せるだろうか。

・合わせて読みたい→江頭2:50「コンプライアンスなんか要らないんだよ!」 名言連発で爆笑呼ぶ

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ