ネットで裸の写真を公開された女性看護師 リベンジポルノ被害主張も「自分も書類送検」に

たとえ罰則規定はなくとも、売春は違法。警察も見逃せなかったようだ。

社会

2018/10/05 16:30

看護師
(west/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ネット上に裸の写真を公開される「リベンジポルノ」の被害を受けたと警察に相談していた女性が、とある理由で書類送検されてしまう…。

そんな出来事が静岡県で起こり、ネット上で注目を集めている。


 

■「リベンジポルノ」相談も自分も書類送検に

4日、静岡県警天竜署は浜松市の看護師の女(21)を売春防止法違反の疑いで静岡地検浜松支部に書類送検した。

読売オンライン」によると、経緯はこうだ。まず今年2月中旬に、女はネットの掲示板で売春の相手を求める書き込みを行なった。そしてその後、売春に至り、8月に相手の会社員の男(32)によって裸の画像をネット上に公開されてしまうことに。

これを受け、女性は同署に被害を相談することに。結果、男は同月28日にリベンジポルノ被害防止法違反の疑いで逮捕されたのだが、そもそも論として「売買春」は日本では違法。

売春防止法には罰則規定はないものの、やはり警察としては黙って見過ごすことができる問題でもなく、書類送検となったようだ。


 

■驚きの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では以下のような声が。

・リベンジポルノ被害者とはいえ、売春はNGと…


・本人としてはまさかの展開だったのかも?


・書類送検で済んだと考えればいいのか

次ページ
■「理屈はそうだが…」の声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ