DA PUMPへの想いを元メンバー・SHINOBUが熱弁 「ISSAは沖縄のドンファン」

『アウトデラックス』に沖縄で民宿を経営するDA PUMP初期メンバー・SHINOBUが登場。『U.S.A.』で再ブレイクを果たしたグループへの想いを明かす…

宮良忍、SHINOBU
(画像はフジテレビ公式Twitterのスクリーンショット)

3年半ぶりのシングル『U.S.A.』が「ダサかっこいい」とヒット、再ブレイクを果たしたDA PUMP。その初期メンバー・SHINOBUこと宮良忍(38)氏が4日放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場。

現在の生活、再ブレイクしたDA PUMPへの想いなどを明かし、大きな反響が起きている。


 

■脱退後は民宿オーナーに

1997年のデビュー以来、ヒット曲を連発。5年連続で紅白歌合戦に出場するなどスター街道を突き進んできたDA PUMPを、2005年に道路交通法違反で活動自粛、2006年にはグループを脱退した宮良氏。

現在は沖縄で1日3組限定、予約が殺到している民宿の3代目に活躍の場を移した。しかし、今でも「東京が好き」なため、ドレッドヘアのお直しを理由に上京、民宿を休むなど、自由でチャラい生活が明かされた。


 

■民宿オーナーとしての1日

番組では大人気民宿のオーナーとして活動する宮良氏の1日に密着。

朝に宿泊する3組を迎えた後、海に向かいオリジナルツアーを開催。自身が操船する船上ではDA PUMPのかつてのヒット曲を流すなどしてDA PUMPファンの宿泊客も楽しませる。

美しい「コハマブルー」の海を満喫する姿をドローンや水中カメラで撮影し宿泊客にプレゼント。夕食は宮良氏の手作り、夜は宿泊客と酒盛り。宿泊客は大満足で、連日予約で埋まる理由が垣間見えた。

次ページ
■DA PUMPへの想い

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ