無職38歳の息子が引きこもった原因は「ポケモンのせい」 母親の訴えに心配の声

引きこもりで無職の38歳息子に悩む母親。「教育方針を間違えた」と訴える理由とは…。

中年女性
(TakakoWatanabe/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

『Yahoo!知恵袋』ではさまざまな相談者が悩みを訴えている。そんな中、引きこもりで無職の38歳息子に悩む母親の投稿が話題になっている。

 

■無職で引きこもりの息子を変えるために…

「私の責任ですが、教育方針を完全に間違えました」と訴えた母親の投稿者。

息子とは普段は会話できるものの、「働く」「異性に付き合う」という話をすると、激高して壁や物に当たり散らして部屋に籠もってしまうという。友達もいないようだ。

投稿者はそんな息子を変えるため、どこか旅に連れて行きたいという。

 

■『ポケモン』が引きこもりの原因?

息子が引きこもりになった原因について、ゲーム『ポケットモンスター』を買い与えたことと話す。高校や専門職大学までは比較的順調だったものの、その間にも『ポケモン』を遊んで学業を疎かにしていたとのこと。

ただ、就職活動が始まる際には「俺は未来永劫ポケモンと共に生きていく」と言い、学校も辞めてしまったようだ。

最近では社会と触れ合わない期間が長かったせいか、現実逃避のような発言をすることもあるとし、「ほとほと参っております」とのこと。「息子を甘やかすな」といった助言は求めていないようで、「人生観が変わる旅先のアドバイスを聞かせてください」と意見を求めた。

次ページ
■ニートは親の教育が原因?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ