夜道では思わず早足になってしまう人の割合は? 実際に怖い目に遭った経験談も

暗いってだけで怖い…

ライフ

2018/10/08 19:30

(AlexLinch/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「夜道の一人歩きは危ない」と言われても、明るいうちに帰るほうが難しいもの。仕事で遅くなれば、怖い気持ちを抱えながらも一人で暗い道を歩かなければいけないものだ。


画像をもっと見る

 

■半数近くが夜道は早足

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に、「夜道の歩行について」の調査を実施。

夜道は早足になるグラフ

「夜道は早足になるほうだ」と答えた人は全体で45.9%と、半数に迫る結果になった。多くの人たちが、暗い夜道には恐怖を感じているのだ。


関連記事:吉澤ひとみ、ドラレコに残された音声が発覚 その一言に「性格が出てる」と呆れの声

 

■実際に怖い目に遭った女性も

性年代別では、すべての年代で男性より女性の割合が圧倒的に高くなっている。

夜道は早足になる性年代別グラフ

年代が高くなるほど、割合が上がるのも印象的である。

「『あんたみたいなおばさん、誰も襲わないよ』と言われても、やっぱり暗いところを一人で歩くのは不安。体じゃなくてお金目当ての場合なら、年齢は関係ないし…」(40代・女性)


実際に、怖い経験をしている人もいる。

「おじさんに声をかけられて、無視していたら手を引っ張られた。振り払って全速力で逃げたからなんともなかったけど、それからさらに夜道が怖くなった。


今は帰りが遅くなると、ものすごく周囲を警戒しながら、急ぎ足で家に向かっている」(20代・女性)


■男性にも夜道が怖い人がいる

男性の場合、夜道が危険と考えている人は少ない。「男性は夜道を堂々と歩くべき」と考えている人もいる。

「男が夜道くらいで怖がっていたら、いざというときに家族さえも守れないと思う。私は夜道を堂々と歩いて、ゴキブリも倒せる夫であり父親でありたい」(40代・男性)


しかし一方で、夜道を怖がっている男性も一部にはいるようだ。

「変な人に襲われる心配は少ないだろうけど、地元のヤンキーがたむろしているところは嫌。絡まれてカツアゲでもされたらとか考えると、どうしても早足になってしまう。


そんな年下の軍団にビビっているなんて、人にはあまり言えないけれど…」(30代・男性)


万が一のことを考えて、男女共に警戒心は持っていたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)