盗撮疑われ線路に逃げた男 容疑を認め「ダブル迷惑犯罪」「罪はデカい」の声

朝の忙し時間帯に電車が遅れる…多くの人が迷惑を被ることになった。

社会

2018/10/09 19:00

駅
(Art Wolfe/iStock/Thinkstock)

9日午前9時50分頃、JR新宿駅で、痴漢行為を訴えられたアルバイトの男(45)が埼京線のホームから線路上に立ち入り、複数の線路を横断して逃走する事件が発生。

迷惑極まる行為に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。


 

■痴漢+14分の遅延引き起こす

報道によると被害にあったのは20代のアルバイトの女性。JR埼京線の電車内で太ももに違和感を覚えて振り返ったところ、後ろに立っていた男がスマホを隠そうとしたという。

女性が被害を訴え男と一緒に電車を降りると、男は線路上に飛び降り、そのまま逃走。そしてそれから30分後、警戒中の警察官が新宿駅付近を歩く似た服装の男を発見し、身柄を確保した。

警察の取り調べに対し男は、女性を盗撮しようとしたことを認めているそうで、警視庁は東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕する方針だ。なおこの逃走劇により、新宿駅を通る各線では最大14分の遅延が発生したという。


関連記事:山里亮太、エレベーターで「開」ボタン押す人に怒り その理由に共感相次ぐ

 

■怒りの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では怒りの声が相次ぐことに。

・痴漢した上に電車を遅延させて許せないな。二重で迷惑


・賠償金は億単位か? 罪はデカイぞこれ


・電車遅れて大変迷惑しましたよ


・なんなんだよ、このダブル迷惑犯罪。盗撮と線路にたちいって逃走の二種類の迷惑行為


・今朝電車止まったのコイツのせいか 去勢して街の真ん中にはりつけにしてほしいわ

次ページ
■逃走姿に注目も

あなたにオススメ