「犯罪感が半端ない」「さすがに無理」 有村架純主演『中学聖日記』に苦言相次ぐ

たしかに有村架純が先生としてやって来たら、男子中学生はみんな好きになるだろうが…。

有村架純
(『中学聖日記』)

9日、有村架純主演ドラマ『中学聖日記』(TBS系)の初回が放送。

女教師と10歳年下の男子中学生の「禁断の恋」を描く…という、このご時世にあってなんとも地上波向きではなさそうな設定の本作に、早速様々な感想があがっている。

 

■『中学聖日記』とは

本作は女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の同名マンガの映像化作品。田舎の中学校を舞台に、中学生と女教師の「禁断の恋」を情感たっぷりに描いている。

主人公の女教師・末永聖を有村が、10歳年下の教え子の中学生・黒岩晶役を岡田健史が演じるほか、町田啓太や吉田羊など、実力派キャストが多く出演している。

 

■(中学生に見えない)中学生との禁断の愛

片田舎の町・子星平にある子星中学校に赴任した聖。子供の頃からの夢を叶えて張り切るも、昔からやる気が空回りするタイプだったことや幼い容姿の影響もあり、担任となった3年1組の生徒たちには着任早々からかわれてしまう。

そんななか、見た目的には全然見えないが設定的には中学生の晶は、聖になぜか惹かれてしまうことに。そして、思春期特有のやりどころのないイライラを抱えるなか、クラスメートとボヤ騒ぎを起こすことに。

そして、せっかく駆けつけてくれた聖に対し、「どうせ結婚までの繋ぎなんでしょ?」「今すぐ教師、やめたらどうですか?」と冷たい言葉を投げかけてしまう。聖が恋人の川合勝太郎(町田)の車でやって来たことに、思わず嫉妬してしまったようだ。

次ページ
■プロポーズで中学生の心に火がつく

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ